スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハンニバル・ライジング 上』

200704112218000.jpg



4月21日の公開が待ち遠しい映画『ハンニバル・ライジング』 今作はその小説版。

ストーリーは“怪物”ハンニバル・レクターの原点を描いてる。原作はもちろんトマス・ハリス。

<STORY>
第二次世界大戦最中のリトアニア。
ナチスの侵攻によりレクター一家はその身を狩猟ロッジへと隠す。そして3年半・・・・
ある日、ソ連軍とドイツ軍の戦いに巻き込まれ両親と大人たちは全て死亡。
残されたのは12歳のハンニバルと愛する妹ミーシャ。そこへ対独協力者の男たちが乱入し、レクターは妹との別れも余儀なくされる・・・



今作は作品の多くに渡り“日本”が感じられる。
例えば、レクターを引き取ってくれる叔父のロベール・レクター。その妻は紫式部の末裔の紫夫人。
今までのシリーズではほとんど感じられなかった日本の“和”が盛り込まれている事に少々意表を突かれた。しかし、そこはトマス・ハリス。
やたらに外国の人物・文化を取り入れればいいというような事はなく、それらも含めきちんと物語は練りこまれている。


もともと非凡なレクター家において特に異彩を放っていたハンニバル・レクター。両親と妹は失ったものの、紫夫人に大きな影響を受け、確かに成長を遂げていく様が伺えることができ、いつもよりも若干レクターを身近に感じられる。


上巻はハンニバル・レクターを語る上での序章の序章。これを読んだなら下巻も読まなければ意味が無い。上下巻揃ってオススメ
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。