スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告白】レビュー

【STORY】
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」
我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変り、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。


【レビュー】
 湊かなえのデビュー作にして第6回本屋大賞受賞のベストセラーの文庫版。
『下妻物語』『嫌われ松子の一生』などで知られる中島哲也が映画化を手がけたことでも宣伝されているが、自分もそれによりこの原作を知った。映画の主演は松たか子だが、別に彼女が好きなわけではなく、見出しのストーリーに惹かれたので読んでみたがこれが大当たりだった。
 物語は女性教諭森口の告白(独白)から始まる。自分の受け持つ生徒達に退職前の最後のホームルームという形で話をするわけだが、そこに自分の生い立ちやエイズを患った伴侶、死んでしまった愛娘の話と、彼女を殺した2人の生徒の事を語る。生徒に関しては本名は言わないまでも、他のクラスメイト達はそれが誰かを特定できてしまう。また、エイズを患った娘の父親が、冒頭で話に出した〝世直しやんちゃ先生〟だということも明らかになり、彼の血液を給食に出された2人の生徒の牛乳に混ぜたということを告げ最初の告白が終わる。
 ここまで一気に読んでしまい、もうこの時点でクライマックスとも言える展開に驚いたが、彼女なりのこの復讐が物語の始まりだということに不覚にもワクワクしてしまった。続きが気になって仕方がないという小説は本当に久しぶり。上記の〝世直しやんちゃ先生〟や〝H市母子殺害事件〟やそれを担当した弁護士、〝毒入りカレー事件〟など、現実とリンクさせた箇所がチラホラあったのも、読者を誘う上手い作り。

 犯人が誰かという事が個々の告白によって明らかにされるという類の話ではない。犯人〝達〟は早い段階で 問題はそこに至る心情的な過程とその後の流れで、それらが多角的な視点で描かれているということ。
 なので以後も、森口先生の後任である熱血且つKY男性教師ウェルテルや少年A、少年B、自分の息子を溺愛してやまない少年Bの母親や、ウェルテルとともに引きこもりになった少年B宅に訪問する女生徒や少年Bの姉など、視点が変わる。
 単純なオムニバス形式かというと決してそうではない。確かに、個々の告白によって見えなかった部分が浮き彫りにはなるが、結果どこまでが真実か、どこからが告白者の脚色か、はたまた脚色はされているが当人にとっては真実か、それらが分からなくなってくる。しかし、森口の愛娘が死に、その後も悲劇の連鎖とも言える事態が起こったのは紛れも無い事実。この点は現実で流れるニュースと同じで感情を排した捉え方が必要なのかなと思った。
 そうは言ってもそれぞれの告白には様々な特色があり、1つ1つがその人の人生であるわけだからなかなかに重い。少年AにしろBにしろ、同情はできないまでも思春期特有の葛藤があり、少年Bの母親も近年目立つモンスターペアレンツという言葉では片付けられない子供への愛情があった。
 当初は誰もが愛娘を殺された森口側に寄って読み進めていくだろうが、次第に誰に感情移入すればいいか頭がついていかなくなる。個人的には少年Aに同情の余地ありと思ってきたところでのクライマックス、森口が最後に告げる言葉がそれをバッサリ切り、本当の復讐が何か明らかになるという非常に巧妙な作り。

 登場人物達がその後どうなったのかとか、結局誰が一番の被害者・加害者で何が正しく、何が悪いのか。そういった事は語られず、読者に考えが方が委ねられる。しかし、読み終わった後に何か重いものが確かに心に残る。放任的ではあるが、それこそが正しい道徳の説き方だとも思えるし、何事にも答えを出そうとする〝教室〟の中では教われない事ではないだろうか。

 この良作を映画ではどういう風に味付けをしたのか、非常に気になっている。久々に公開前から期待している邦画である。


★★★★★

スポンサーサイト

テーマ : 小説 - ジャンル : 小説・文学

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。