スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ウォッチメン】レビュー

watchmen.jpg
原題「WATCHMEN」
【STORY】
ジョン・F・ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機など、世界で起きた数々の事件を見守ってきたヒーロー集団“ウォッチメン”。しかし、かつてウォッチメンだった男の一人が暗殺される事態が発生。殺害現場には、血のついたスマイル・バッジが残されていた。果たして誰がヒーローを狙ったのか・・・

【レビュー】
今なお多くの人に支持されるアメコミ作品の映画化。原作は『Vフォー・ヴェンデッタ』でお馴染みのアラン・ムーア。しかし、彼はこの映画化には今も反対で『絶対に観ない』と公言している。それゆえに原作者の名前にはイラストを担当したデイブ・ギボンズが1人だけ紹介される状況となっている。

監督はアラン・ムーアに並ぶ巨匠フランク・ミラーの『300』の映像化に見事成功したザック・スナイダー。400ページを超える原作をどうまとめるか、多くのファンの心配はそこだっただろう。日本公開時の本編の長さは2時間43分。普通の映画からしたら充分長い尺になるが【ウォッチメン】の世界を語るとなれば別。原作と見比べても省略されているシーンも多く、ロール・シャッハがオジマンディアスを訪ねるシーンがナイトオウルに変更されているなど違いもある。その反面、娯楽映画としての色を強めるため、多少アクション性を強めてもいる(序盤でコメディアンが殺されるシーンや最後の戦いなど)。
ただ、個人的にはその流れは悪く思わないし、映画館で観る分には若干展開がスムーズな方がいいと思う。

何と言っても嬉しいのは各キャラクターの忠実な実写化だろう。前述のコメディアンやオジマンディアスにナイトオウル(実写版はよりバットマンに近いイメージ)、原作より少し若々しくセクシーなスペクターに最強のDr.マンハッタン。
332598_011.jpg332598_001.jpg
そして個人的に一番大好きなロールシャッハ。映画の全てのシーンが原作から切り抜いたような忠実さなのだが、中でもロールシャッハの素顔が明らかになった時の絶叫シーンは軽い鳥肌が立った。もちろん良い意味で。

2008年の『ダークナイト』のヒットは、暗い世界観に基づくヒーロー映画の存在が許容されることを証明した。それに続く今作。寿命で死んだり、引退したり、精神病棟に送られたり、交通事故で死んだり、殺害されたりするヒーローや悪役が背景に描かれたこの作品は『ダークナイト』以上に〝ヒーロー〟と〝ヴィラン〟を鮮明に浮き彫りにした。そしてその誰もが(マンハッタンを除いて)素顔はただの人間なんだということも。ただ、空を飛び回ってるだけがヒーローではない。これからの時代は私達同様に等身大で悩み、あがき、そして最後には奮闘するヒーロー映画が主流になるかもしれない。

とにもかくにも、アラン・ムーアに映画化の話が持ち込まれてから早20年。完成してからも〝ウォッチメン〟裁判などがあったがようやくこの実写映画が日の目を見ることができた。肝心のアラン・ムーアに認められていないものの、ザック監督は素晴らしい仕事をしたのは間違いないと思う。
ちなみに全米では今後3時間10分のディレクターズ・カット版を上映するとのこと。そして、DVDは更に追加シーンを足したCrazy Ulimat Freaky Editionになるらしい。DVDが待ち遠しい。


公式サイトはこちら


スポンサーサイト

テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。