スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アンダーワールド】ビギンズ


T0007211.jpg
【STORY】
はるか昔、吸血鬼族であるヴァンパイアは狼男族であるライカンを奴隷としていた。その時代には、女処刑人セリーンと瓜二つの女性戦士ソーニャの姿があった。
彼女はヴァンパイア一族の長老の娘だったが、特別なライカンのルシアンと禁断の恋に落ち……。

【レビュー】
アンダーワールド3部作最新作にして、シリーズのストーリーの原点が描かれた今作。ヴァンパイアとライカンノ長きに渡る対立にも切り込んでいる。ルシアンとソーニャの恋愛も絡み、狼×吸血鬼版の『ロミオとジュリエット』ともいえる。
主人公は『1』に登場したライカンのリーダー、ルシアン最強のヴァンパイアであるビクター。ビクター役はもちろん三作全てに出演しているビル・ナイ。ルシアン役も一昨目同様、マイケル・シーンが復帰している。他にもルシアンの右腕となるレイズや年代記編者のタニスも再登場していてシリーズのファンには嬉しい。
特にレイズは人間の頃からライカンと素手で殴りあうシーンが描かれ、非常に頼もしい。一昨目でのルシアンとの絆の由来も頷ける(それだけにビクターに瞬殺される事を思い出すと少し寂しいが)。演じたケヴィン・グレイヴォーはキャラクター・クリエイションも担当。彼の考案した狼人間像はまさに今作でこそ本領発揮したと言ってもいい。
ビクターの娘であるヒロイン、ソーニャ役は『ザ・シューター』『DOOMSDAY』のローナ・ミトラ。ケイト・ベッキンセール演じた前2作の主人公セリーンはビクターの娘ソックリという設定だったが、三作目にしてようやくそれが納得できる。というか別々のキャリアを積んでいる女優2人なのに、本当に雰囲気そっくりなのがびっくりだった。

監督はレン・ワイズマンからパトリック・タトポロスにバトンタッチ。これが長編デビューの彼だが、『アンダーワールド』2作、『GODZILLA』『ヴァン・ヘルシング』『サイレント・ヒル』などでクリーチャー造形に携わってきた彼の手腕は如何なく発揮されている。特に終盤の最終決戦で登場する大量のライカンの映像には圧倒される。シリーズで一番のスケールかもしれない。
レン・ワイズマン前監督もきちんと製作に位置しているので、シリーズ物にありがちな、生みの親の手を離れた続編ではないし、『1』のルシアンの回想シーンに繋がる場面もあり、きちんとシリーズをまとめ上げた形となっていたことにとても安心した。
近年稀に見る、質の良いヴァンパイアアクション作品。



スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。