スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告発のとき】DVDレビュー

【STORY】
退役軍人のハンク・ディアフィールドは、イラクから帰還してくるはずの息子マイクが脱走したという知らせを受ける。
息子を探すために現地へ向かい、地元警察のサンダース刑事と捜索を開始。真実が明るみに出るとともに、ハンクは知らなかった息子の素顔を知ることに・・・


【レビュー】
監督は『クラッシュ』のポール・ハギス。主演は『ノーカントリー』のトミー・リー・ジョーンズ。妻役にはスーザン・サランドン、地元警察の刑事役にシャーリーズ・セロンとオスカー俳優が揃っている。
他の共演にも『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ、『ノーカントリー』のジョシュ・ブローリンが出演。顔がほとんど出ないが、息子役には『テキサス・チェーンソー』のジョナサン・タッカー。ちなみに息子が最後に立ち寄った(実は違う)というチキンの店の太った女性もリメイク板の『テキサス・チェーンソー』2作に出演していて、ここでも〝肉〟つながりだった点は思わずニヤリ。

単純に真犯人は誰かを追い求めるようなストーリーではなく、イラクに赴いた若者達の中で何が変わったかがテーマとなっている。彼らは端的に言えばおかしくなっている。それは主人公の息子だけでなく、同じ隊の仲間も皆そう。人間としての大事な何かが壊れてしまっているその様は、嫌悪感よりも深い同情を誘う。
起こるべくして起きた事件というよりも、本当に日常の中で起きた事件。けれども、イラク派遣を経験した彼らだからこそそれは異常なものとなってしまった。

退役軍人であるハンクはアメリカの国旗を反対にすると、それは救難信号の意味があると冒頭で語っていた。ラストでそのように国旗を掲げるが、これは彼らの真実の叫びだと捉えることができる。

『イラクなんて核を落としてしまえばいい』という台詞があった。暴論の感は強いが、実際に足を赴いた人々の感想としては、実はまともなのかもしれない。
とても重たいけれども、アメリカ-イラクの真実を鮮明に描いた良作。



スポンサーサイト

テーマ : DVD - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。