スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『粘膜人間』レビュー

【STORY】
「弟を殺そう」 
身長195cm、体重105kgという異形な巨体を持つ小学生の雷太。その暴力に脅える長兄の利一と次兄の祐二は、弟の殺害を計画した。
だが圧倒的な体力差に為すすべもない二人は、父親までも蹂躙されるにいたり、村のはずれに棲むある男たちに依頼することにした。グロテスクな容貌を持つ彼らは何者なのか?
そして待ち受ける凄絶な運命とは・・・。


【レビュー】
">">〝『バトル・ロワイアル』以来、選考会でもっとも物議を醸した衝撃の問題作〟という触れ込みにつられ購入。正直あそこまでの衝撃には至っていないと思うが、最近読むことがかなわなくなった遠慮のないスプラッター描写が満載でとても良かった。

ストーリーは奇天烈そのもの。全部で3章仕立てで、第壱章の「殺戮遊戯」では河童(3兄弟)に弟の殺しを依頼した兄弟とその攻防が描かれる。11歳とは思えない体格で圧倒的な暴力を振るう弟の雷太はジャイアンを遥かに悪くしたイメージ。それに立ち向かう河童は醜く、下品でありながらもどこか滑稽。何だか漫☆画太郎の作品に出てきそうな感じ。

第弐章「虐殺幻視」では兄弟によってその肉体を河童達の報酬に(勝手に)された14歳の少女・清美の話が描かれる。彼女の兄が徴兵を放棄し〝非国民〟扱いをされ、その関係で彼女が拷問を受けるのだが、拷問用幻覚剤〝髑髏〟を注射されてからの描写は凄惨そのもの。展開される光景は幻覚なんだ!と割り切ったとしてもその文章は止まることなく読む者の脳髄に入り込み、軽い吐き気すら催させる。系統は違えどこれほどの不快感は『姉飼』以来かもしれない。

そして第参章で物語は第壱章と繋がり、脳みそが半分なくなり〝半馬鹿〟になった雷太と河童の長男モモ太の交流が描かれる。今まで読み手にとっても畏怖の対象でしかなかった雷太に不思議と感情移入ができてしまい、また雷太と父・兄弟の間の真実も見えてくる(幻覚でなければ)
何が言いたいかというと、この作品はあれだけ好き勝手に暴力的な文章を並べておいてストーリーがきちんとしているのだ。最後に戦いの決着を見せず終わっているところもまた憎い。あとは読者の想像に任せるということか、それともいつか作者によって続きの展開が語られるのか。今まであれほど残酷だったにも関わらず『クローズZERO』みたいな一種の清清しい闘劇的終わり方をしている。
何だか色んな意味で凄まじい作品だった。


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。