スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『X-ファイル:真実を求めて』レビュー

T0006522.jpg

【STORY】
FBIの女性エージェントが不可解な失踪を遂げ、モルダースカリーが捜査協力を要請される。サイキックな透視能力で手がかりを探り当てる神父ジョーが事件解明の鍵を握っていることを知った彼らは、対立しながらもおぞましい事件の核心に迫る。

【レビュー】
海外ドラマの先駆けとなった大人気作品『X-ファイル』の劇場版第2作。監督はシリーズの産みの親であるクリス・カーター。6年ぶりのまさかの復活を素直に喜ぶ人と、今更かと思う人、それぞれがいるだろう。
予告を観た限りではモルダーとスカリーが再び再会して事件に遭遇、という流れかと思ったがTVシリーズのあの最後から2人はずっと一緒にいた(スカリーがモルダーを匿う)様子。仕事上の関係を超えそうで超えなかった2人が、今作では当然のようにプライベートでもパートナーとなっている。その辺のさりげなさは流石に大人と言うか、6年て色々あるんだなぁと言うか。

今回は従来の宇宙人関係とは無縁の事件が展開する。超常現象、、と言っていいのかどうか、とにかくサイキックな神父が登場。
330525_005.jpg
どう見ても胡散臭いなと思ったが、彼に小児性愛における前科があると発覚した時には、胡散臭さ爆発。しかし、そこは大御所ドラマ。そう簡単には完結せず、ストーリーは面白い方向へと向かった。
スケールの多い作品が増えてきている中、いかに海外ドラマの元祖とはいえ今作は少し盛り上がりに欠ける。もちろん個人的には劇場版第一作のように無理に「映画」を意識した作りにするよりは、今作のように「原点」に戻ったかのような展開の方が面白いとは思うが、やはりシリーズ終了からの時間の経過によるギャップは否めない。私達と同じように6年の時を過ごしたというモルダーとスカリーをどれだけの人が待ち望んでいたかで、評価は大きく変わるだろう。
シリーズからのファンには懐かしい〝ある人物〟の登場などもあり嬉しいことは嬉しいが、残念ながら新規のファンを惹きつける魅力は今作にはないと思う。

最終的にジョー神父と一連の事件(組織)とは関係があったのか(ないわけないけど)、真実が直接語られない終わり方もまさに『X-ファイル』という感じだった。闇から一線を退いたモルダーとスカリーをまた観たいと思う気持ちと、さすがにもうこれでいいという気持ち。若干後者が上回った。


公式サイトはこちら


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。