スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハロウィン』レビュー

T0006444.jpg

【STORY】
ハロウィンの夜、白いマスクをかぶった少年マイケル・マイヤーズは、姉のほか3人を惨殺し、精神病院でルーミス医師の治療を受けることになる。
しかし、17年後のハロウィンの日、病院を脱出したマイケルは再び白いマスクを手に取り、恐怖の殺人鬼と化す。


【レビュー】
『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』と並びアメリカ三大ホラー、もとい世界三大ホラーと称される『ハロウィン』のリメイク作品。前シリーズでは語られなかったマイケルの少年時代と殺人鬼への覚醒が描かれている。ゾンビ版ということでどう料理されてしまうかと少し心配もあったが、ジョン・カーペンターの作りだした〝あの独特な雰囲気〟や〝殺害シーンで血を見せすぎない上品さ〟を見事に継承していた。

しょっぱなからゾンビならではのチョイスの音楽(キッス)が鳴り響き少年マイケルが登場。演じるのはダエグ・フェアーク。最近では『ハンコック』が印象的だが、彼の真価はまさにこの映画、この役で発揮されていると言っても過言ではない。(幻想を壊したくないので想像したくなかったが)殺人鬼マイケルの子供時代はこうだ!と言われたら誰しも納得してしまうようなオーラを放っている。と同時に「人格を形成するのは環境なんだ」と暗に示し、もしかしたらマイケルは殺人鬼にならずにすんだかも?と思える部分もあって少し切なさも感じた。

15年の沈黙(文字通り)を挟み、逞しく成長したマイケルを演じるのは元プロレスラー、タイラー・メイン。『X-MEN』『スコーピオン・キング』と俳優経験をきちんと積んでいるためか、ただの図体のでかい殺人鬼ではなく、動きで感情を表現している。旧作よりも若干スピーディー、そしてロンゲ(笑)

母親役にはゾンビの奥さんでもあるシェリー・ムーン・ゾンビ。ストリッパー役ということで、彼女らしい役だなぁと思ったが、息子への愛情をきちんと持ち、それゆえにマイケルの犯した過ちに耐え切れなくなってしまうというか弱さは彼女が演じたことのないタイプの役なので新鮮だった。もし殺人鬼と化したマイケルが彼女と対面しても殺したのだろうか?観てみたかった気もする。

前シリーズでは長らくマイケルと対決してきたルーミス医師には『時計じかけのオレンジ』で狂気の男アレックスを演じたマルコム・マクダウェル。今作ではより人間臭さが増したルーミスとマイケルの対決の行方は意外な形となっていて、今作と旧作をきちんと割り切って観ていないと少し驚く。
他にもゾンビ作品ではもはやお馴染みとなったシド・ヘイグビル・モーズリィーが出ていて、シェリーと合わせれば殺人一家復活!といった感じ。
また、本当の前科持ちことダニー・トレホも出演している。予想以上に出番は多く、監獄の中のマイケルに『想像の世界を作れ。そこは自分だけのものだ。』とアドバイスする場面も。ハンニバルと黒人の看守のような関係になるか?と思いきやそこはマイケル。何年面倒見てくれようとそんなの関係ないとばかりに惨殺。残念。『マチェーテ』での活躍に期待。

今回、シリーズお馴染みの〝あのマスク〟の入手経路も判明する。惨殺した若者がたまたま持っていたホッケーマスクを被ってみたら意外に心地良かったジェイソンとは違い、こちらは何か心に感じるものがあった模様。単純に醜い(と思っている)顔を隠したかっただけかもしれないが。何はともあれ我々の〝ブギーマン〟は見事に帰還(誕生)した。
残念なのはマイケルの妹であるローリー役の女優の魅力が薄かった点。旧作の〝絶叫クイーン〟ジェイミー・リー・カーティスが凄すぎたというのもあるのだが、こればかりはオリジナルを超えられていなかった。

『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』もリメイクされ、どちらもこの『ハロウィン』同様ストーリーの原点が描かれるとのこと。他の2作がどう評価されるか分からないが、今作に関しては間違いなくリメイク作品としては成功したと言えるだろう。続編は残念ながらゾンビではなく『屋敷女』の監督コンビが手がけるようだが、この新生『ハロウィン』も長く続いていってほしいと思う。



公式サイトはこちら
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。