スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地球外生命体捕獲』レビュー

文字色原題:ALTERED

【STORY】
森のなかで謎の生命体にとらわれた少年5人。生き残った4人は、トラウマを抱えたまま成長していた。15年後、復讐をと誓った彼らは夜の森を探索中についにそのエイリアンと遭遇。捕獲することに成功したものの、そのエイリアンへの復讐を果たすのと引き換えに、地球上の人類が滅亡の危機にさらされてしまうことを知り・・・

【レビュー】
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の共同監督の1人エドゥアルド・サンチェスの8年ぶりの監督作品。
今更言及することではないが、『ブレア~』の製作者が作る作品ということは基本的に過剰な期待はしてはいけないという前提が成り立つ。私もそういう心構えで観たつもりだが、それでも見事にガッカリさせられた。あの時のような「魔女はいる?いないの?」という曖昧な展開ではなく冒頭から宇宙人の捕獲シーンが入っているのだが、捕まえてはみたものの、やれ殺すな、殺したらもっと大勢くるだのの言い争い。そもそも主人公は既に捕獲された宇宙人を旧友達の手により家まで持ってこられてしまったという被害者的立場。一番可哀想なのは夜中に起こされて巻き込まれる同棲中のヒロインだけど。「地球が壊滅する」という言葉も不思議なもので、作品全体の雰囲気次第で恐ろしい破滅の言葉ともなるし、「ご冗談を」と嘲笑の目安にもなる。今作では後者。
グズグズといつまでも煮え切らない主人公、身体が腐ったり腸がビローン(宇宙人との綱引きも)で死にゆく仲間達。そして室内でめいっぱい走り回る地球外生命体。〝特別な人間〟である主人公と宇宙人のサイコネシスのやり取りも入り、挙句の果てには半ばお約束の大爆発。不細工な宇宙人はばっちり出た。カエルみたいな形の宇宙船最後にチラっと出てきた。しかしこの出来で「モンスター映画」とカテゴライズされるのはさすがに我慢できない。『X-ファイル』がモンスターや未知の生物を取り扱った1話分のストーリーにすら見劣りする出来。

『ホステル2』『ヒルズ・ハブ・アイズ』シリーズ、『ブラッド』などと一緒に宣伝される立場にはあったものの、その中で一番お金も気合も入ってないガッカリな駄作だった。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。