スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イーグル・アイ』レビュー

T0006411.jpg
【STORY】
アリアという謎の女性の電話で引き合わされた互いに面識のないコピーショップ店員のジェリーと法律事務所の事務係レイチェルは、愛するものを奪われ、アリアの指示通りに行動することを強いられる。2人はすべてが謎のまま命令に従って行動するがやがて彼らにFBIの追っ手が迫る。

【レビュー】
最近ノリに乗っているシャイア・ラブーフの主演作。監督は『テイキング・ライブス』『ディスタービア』のD.J.カルーソ。製作総指揮はスピルバーグなのでそのまんま『ディスタービア』のトリオ。


ついこの間まで子供の顔だったシャイアもすっかり精悍な顔立ちに。とはいえ、彼とミシェル・モナハンビリー・ボブ・ソーントンだけじゃあイマイチパッとしないなぁと思っていた。だがいざ観てみたら『ファンタスティック・フォー』シリーズのマイケル・チクリス『シン・シティ』のロザリオ・ドーソンらも出演していた。特にロザリオ・ドーソンはすぐに気付けないくらい、普段とは正反対な(笑)真面目な役だった。ビリー・ボブ・ソーントンも私が今まで観た作品の中でも一番良い印象だったが、どこかいやらしさを感じたのはやはり『ラブ・アクチュアリー』のイメージが払拭できないからか。今回はホントにいい人だったんだけど。

主人公達を誘導する謎の声の主の正体は一体誰なのか?恐らくこの作品を観るに当たって観客が一番気になるところであり、種明かしをされて一番ガッカリするところであるかもしれない。個人的にはヒロインが被害者を〝自演〟しているなんて展開も期待していたが、中盤辺りから『これはとても人間業じゃない』と気付いた時にこの作品の面白さの度合いはある程度定まった。似た雰囲気で言えば『アイ、ロボット』や『ステルス』的な感じ。
しかし、自分は「スピルバーグ総指揮」だけをウリにしたもっとひどい出来の作品を予想していたので、その点は予想外で良かった。少なくとも前作『ディスタービア』よりは断然面白い。どことなくマイケル・ベイ作品、もしくは『ダイ・ハード』シリーズのようなノリのアクションと、それらとはまた別のサスペンス要素が融合されていて一粒で二度おいしい。迫力あるシーンが連続的にあるので劇場で観ても損はない。というかまさに劇場向け。

この作品は現代社会をかなり皮肉ってもいる。鑑賞中や鑑賞直後よりも、鑑賞してしばらく経ってから反芻することに意味があるかもしれない。技術の繁栄が必ずしも〝監視〟に繋がるとは限らないと思うが、一抹の恐怖を感じさせる作品だった。


330921_003.jpg330921_008.jpg

オフィシャルサイトはこちら


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。