スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シューテム・アップ』レビュー

T0006056.jpg

【STORY】
NYの裏通り。
一匹狼のガンマン、スミスは、死に際の妊婦から預かったベイビーを守るため、昔馴染みの妊婦ドンナの強力を得つつ、ハーツ率いるマフィアへ圧倒的に不利な状況のなか、戦いを挑む。
しかしその一味の背後には、さらなる巨大組織の驚くべき陰謀が隠されていたのだった!
なぜ赤ん坊は狙われているのか?
ベイビーに隠された秘密とは一体・・・。


【レビュー】
今作を端的に言うなればまさに銃社会アメリカNY版子連れ狼。
主演はクライブ・オーウェン。
『シン・シティ』で演じたドワイトのようなミステリアスでいて頼りがいのあるガンマンを演じている。

ヒロインにはモニカ・べルッチ。
残念ながら?彼女自身には激しいガンアクションシーンはないが、“イタリアの宝石”にこんな事を?とハラハラしてしまうような娼婦役を演じている。

赤ん坊を抱えたスミスをつけねらう非常な男に『レディ・イン・ザ・ウォーター』でどこからどう見ても善人な管理人を演じたポール・ジアマッティ。
容赦なく人を撃つ悪党のボスであり、元FBIプロファイラーというよく分からない設定。彼のこんなイカれた悪役はこれが最初で最後ではなかろうか。

監督は知名度は低いが、コメディから『ジーパーズ 恐怖の都市伝説(未公開)』のようなホラーまでこなすマイケルデイヴィス。銃が好き(賛成ではないかも)なんだな~と納得できるくらいこの作品には多くの銃器が登場する。それに付随してジョン・ウーに影響されたガンアクションシーンも目白押し(『狼/男達の挽歌・最終章』の撮影監督ピーター・パウの参加も大きい)。

かと思えば“おバカ”としか思えないようなシーンも。
冒頭の出産シーンで「イキめ!」と女性を励ましつつ敵を撃ち抜くシーンや、赤ん坊にベビー服でなく防弾ベストを着せたり、ヒロインとくんずほぐれつな状態で転がり回りながら部屋に侵入してきた敵を射殺したり。
挙げ句の果てには上空からスカイダイビングしながらの銃撃戦など。
『物理法則や弾道学なんざお構いなし!激しくてカッコ良いアクションだからいいじゃないか!!』という作り手の気合いが伝わってきた(笑)

観終わった後に『え、この映画86分しかなかったの?』と思うくらい短時間に濃い内容が詰まっている。
アクションに次ぐアクション。鳴り響くロックサウンドも良し。
残酷なシーンもあるが、割とコミカルに描かれているのでブラックユーモアとして受け止める度量が必要。
鑑賞中は道徳観念はどこかに置いておくべし。

『アドレナリン』とかあんな感じのバカなノリが好きな人には堪らないスタイリッシュガンアクション作品。


公式サイトはこちら
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。