スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ランボー 最後の戦場』レビュー

【STORY】
タイ北部の山の中で孤独な日々を送っているジョン・ランボーのもとに、少数民族を支援するキリスト教支援団体の女性サラが彼の前に現れる。
彼らは軍事独裁政権による迫害が続く隣国ミャンマーの窮状を憂い、医療品を届けようとしていた。その情熱に打たれ、頼みを受けて目的地の村まで送り届けるランボー。
しかし本拠地に戻った彼に届いたのは、サラたちが軍に拉致されたとの報せ。救出のために雇われた最新装備に身を固めた傭兵部隊5人に、手製のナイフと、弓矢を手にした一人の戦士が加わる。
今、ランボーの最後の戦いが始まろうとしている・・


【レビュー】
プレミア試写会で生スタローンを見つつ鑑賞。
『ロッキー』と並ぶシルべスタ・スタローンの代表作。そのシリーズの完結編。今作ではスタローンが主演はもちろん監督と脚本も務めている。
また今作は前作と違い単純に勧善懲悪物となっている(戦争の悪夢は回想として出る)。こんな時代だからこそこういうヒーローが今までと違う形で求められるのか。

今回の舞台はタイムリーともいえる軍事政権ミャンマー。少数民族への圧倒的な暴力が容赦ない残酷描写で描かれる。兵士達は弱者を“遊び”感覚で殺していくが、そんな中で颯爽と矢を放ち次々に敵を射抜いていくランボーを見るとまだまだ現役かと嬉しくなってしまう。

目的はヒロインを含むボランティア団体の救助だが、その志は別としてはた迷惑な話だと思った。現実でもこういった話はよく聞くが。
敵地の中からの救助、と非常に過酷な状況だが、今回は全く孤独な戦いというわけでもなく、シリーズで初めて仲間(傭兵達)と連携を組んでいる。
特に危険を顧みずランボーに協力してくれた傭兵スクールボーイが非常に良いキャラクターだった。

全体的に90分とシリーズ中最も短い時間でまとめられ、正直物足りなさも感じた。ヒロインなんかただ騒いでる感じで魅力のかけらもなく(状況も状況だが)、ランボーありきの作品とはいえ、脇の登場人物が皆活かされているとも言い難い。
それでもアクションシーンは濃厚だし、シリーズお馴染みの機関銃を連発するシーンではアドレナリンはかなりのもの。
真っ向から敵に突っ込むという昔ほどの無茶もする事なく、仲間との共闘のおかげか前作ほど多く傷を被る事もない。スタローン自身が監督をこなした事もあり自分の身体と相談しつつアクションをこなしたんだろうなと推測。とは言ってもこの年齢でこれだけアクションをやっている時点で拍手喝采モノ。

男も女も性差なく熱くなれる作品。


公式サイトはこちら
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

comments

住宅建材

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。