スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊集院光×【キャビン】

N0050440.jpg

ホラー映画【キャビン】の公開記念トークイベントが26日、シネマート六本木で行われ、本作をいち早く日本に紹介した映画評論家の町山智浩と、タレントの伊集院光、また次期壇蜜として注目されるグラビアアイドルの佐々木心音が、ホラー談義を繰り広げた。

 ホラー映画にも造詣の深い町山と対照的に、ホラーは大の苦手だという伊集院。ここに『キャビン』を意識したセクシーな衣装で登場した佐々木が加わり、平和的な雰囲気の中でイベントはスタート。しかし、ホラー映画では登場人物が犠牲になる順番にパターンがあることが話題に上るや、町山は佐々木を指さし、「一番最初に、こういう子が殺される」と発言。

 町山いわく、佐々木のようなお色気キャラはホラーでは格好の餌食であり、「その次にスポーツマン。その次はガリ勉君」など、キャラクターの特徴による死亡順を解説。すると伊集院も町山に同調しつつ、「13日の金曜日のころは、ガリ勉の次にさらにデブがいました」と伊集院が最も気になる特徴を持つ犠牲者について言及。本作でも多くの登場人物が次々と犠牲になっていくが、伊集院は「この映画の長さが2時間ものならデブも入っていたでしょう」と大柄なキャラクターがいなかったことを、残念そうに話した。

 またホラーで生き残るのは、男性経験のない女性だという町山。「最後まで生き残る女性を英語でファイナル・ガールというんです。処女です」と語ると、隣にいた佐々木に「君はどっち?」と問い掛ける。答えに困った様子の佐々木が、「死にたくないけど死ぬ側だと思います」と答え、会場を沸かせていた。

 本作は、森の別荘にバカンスにやってきた大学生5人が、別荘の地下で見つけた謎の日記を読んだことから、何者かによって一人、また一人と殺されていくというストーリー。全ての事態を仕組みコントロールする謎の組織や、彼らの陰謀なども同時描く異色のスリラーとなっている。過去のホラー映画のオマージュが随所に散りばめられており、イベントでは町山と伊集院を中心に、パロディー箇所を指摘しては、それぞれがディープで貴重なトークを繰り広げ、集まった映画ファンを最後まで盛り上げた。
http://www.cinematoday.jp/page/N0050440

映画『キャビン』は3月9日よりシネマサンシャイン池袋ほかで全国公開
【キャビン】公式サイト



伊集院氏が今週のラジオでホラー苦手なのに、、て言ってたっけ。ようやく日本公開かぁ。


スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。