スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28ヶ月後。。。

N0015266.jpg
ダニー・ボイル監督が『28週後...』の続編を考えているらしい。
http://cinematoday.jp/page/N0015266
前々からそういう話はあったと思ったがいざ本人が口にすると嬉しいもの。
タイトルはやはりというか『28マンス・レイター(28か月後)』らしい。
ストーリーも気になるがボイルが1作目同様監督をやるのか、2作目のように製作総指揮に回るのかも気になる。

スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

『怪談新耳袋 絶叫編 右(うしおんな)』レビュー

【レビュー】
5分一本勝負が恒例の怪談新耳袋のスペシャル版。

都市伝説の中でもかなり有名な「うしおんな」を題材にしている。
ちょっと離れた目の前に赤い着物を着た女がいたとしよう。普通ならばその女がいつの間にか消えていて、気づいた時には背後に・・・なんていうのが和製ホラーのセオリーだが、今作では離れた場所から猛ダッシュをかましてくる。牛ではあるが猪突猛進という言葉がぴったり当てはまるその勢いは観ていて新鮮だった。
まだ日のある森の中での逃走劇も『13日の金曜日』を彷彿とさせた。
そして若者グループもアメリカンホラーに登場するような若者たちほどバカではなかったものの、少しキツイお灸が必要な者達(特にヒロイン)だったので、途中からはうしおんなの方に感情移入した人もいた・・・はず。

従来の新耳袋に飽きた人にはまさにうってつけの作品。


テーマ : DVD - ジャンル : 映画

『フロンティア』レビュー

T0006516.jpg
【STORY】
極右勢力が台頭するフランス。移民は追い込まれ、ヤスミンたち若い移民グループは国外へ逃亡する計画を立てる。先に出発した仲間たちを追い、国境近くのある宿に到着したヤスミンと恋人のアレックス。しかしその宿に到着した2人を待ち受けていたのは想像を絶する地獄だった・・・

【レビュー】
監督はフランスの新鋭ザヴィエ・ジャン。日本では大人気ゲームの映画化作品『ヒットマン』が先に公開したが、彼の長編デビュー作としてはこちらの方が先。製作は名前に有り難味がなくなってきたリュック・ベッソン。

近年『ハイテンション』や『屋敷女』等の過激な作品が勢いづいているヨーロピアンホラーだが、アメリカンホラーやスプラッターに比べるとやはりどうしても何かしら不満が残った。凄まじいように見えて何かが足りないという感じ。しかし、今作を観た率直な感想は『おフランスも真剣にスプラッターやればできるじゃん』だ。
それもそのはず監督は『お上品なフランス映画界に強烈なショックを与え、フランスでもこうした過激でワイルドな映画が作れると証明する』と意気込んでいたのだ。現時点では監督としての評価は『ヒルズ・ハブ・アイズ』『ミラーズ』を手がけたアレクサンドル・アジャの方が高いかもしれないがハリウッド進出前、、つまり『ハイテンション』と『フロンティア』を比べれば間違いなく軍配はこちらに上がる。
自身も子供の頃からホラー映画の中で育ったとあって、様々な作品の良い所が集められている。特に『悪魔のいけにえ』と『マーダーライドショー』と『ホステル』という具材が美味しく調理された感じだ。

登場人物もこの手の作品にしては珍しく多い。『悪魔のいけにえ』一家が膨らんだ感じだ。とはいえ、それぞれ個性的なキャラクターだったので比較的区別はつきやすい。この辺りも監督の配慮だろうか。
残念ながら今作のキャストについてはあまり知識はないが、狂人一家のクレイジーな女性ジルベルトを演じたエステル・ルフェビュールはシェリームーン・ゾンビのような気だるそうな雰囲気が良かった。
同じく狂人一家のエヴァ役を演じたモード・フォルジェも印象的。どう見ても少女にしか見えなかった彼女が劇中だけではなく現実でも大人の女性というのも驚きだ。どんなイカれた家族が出てきても1人くらいは多少主人公寄りの人間はいるもので。ベタながら今作では彼女がその役割を担っていた。

順序が後になったがもちろんヒロインのヤスミンを演じたカリーナ・テスタの繊細さと逞しさも素晴らしかった。女性なら大抵『アメリ』みたいな方向に行きたがるだろう中、彼女は豚小屋をはいずり、髪を剃られ、変態一家の食卓に招かれ、猟銃を持って逃走したり銃撃戦をしたりと大忙しだった。終盤手前で孤立した時は多少不安になったがそこからの展開はかなり興奮できるものだった。

アキレス腱ちょっきん、電ノコ、ヘッドショット、爆発、首肉噛みちぎりと盛りだくさん。こういったスプラッターならアメリカに負けずに通用すると思う。快作。


公式サイト

テーマ : ヨーロッパ映画 - ジャンル : 映画

『コスプレ幽霊 紅蓮女』第1話

第1話「都市伝説の女王降臨」

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『アイアンマン』レビュー

イメージ 11
【STORY】
億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スタークは視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。やがて自分の会社の兵器がテロリストに悪用されている衝撃の事実を知ったトニーは、自ら戦闘用のスーツを作り、“アイアンマン”となってテロリストに闘いを挑む。

【レビュー】
『スパイダーマン』『ハルク』等と同じマーベル・コミックの実写映画作品。アイアンマンはマーベルのキャラクターの中でも〝地味〟な位置づけにあるヒーローだが、今作を観ればそんなイメージは吹き飛ぶ。
主演は俳優として見事に返り咲いたロバート・ダウニーJr。自社の兵器が売れるおかげでお金も女もわんさかで好き勝手にやっていた生活から一転、それらを利用するテロリスト達を倒すという目的の下、ロボット作りに少年のごとく目を輝かせているその姿には男子たるもの共感せずにはいられない。
そんな主人公を支える美人秘書ペッパー役にはグウィネス・パルトロウ。有能な秘書にありがちなツンケンとした態度はなく、優しげな目の形のおかげもあってか包容力のある女性に映っていた。少なくともマーベルヒーロー映画のヒロインの中ではかなり美人。
トニーに振り回されつつ理解を示す友人役にはテレンス・スタンプ。強敵との戦いに赴くアイアンマンを目を輝かせ見送った後に後ろにある別のアーマーを観て『俺は次の機会だな』と言っていた。これは〝ウォーマシン〟への伏線か?思わずニヤリ。
身近な人物が敵に回るというマーベルコミックのセオリー通りに、終盤ではよりガトリングガン等を装備しより大きくて強力なアイアンモンガーが登場しアイアンマンと激しい戦いを繰り広げたシーンはかなり盛り上がれた。

アイアンマンが徐々に進化していく過程も楽しい。最初は環境が環境だっただけに廃材を寄せ集めた鉄クズロボ(それでも凄いが)なマークⅠだったが、マークⅡ、そして完成形のマークⅢとバージョンアップしていく。もちろんマークⅢの活躍がメインなので仕方ないが、個人的にはマークⅡの出番がもう少し多くても良かったかなと思う。カラーリングはないが、まさに「メカ」な感じだったし。
超高速で空を飛び回る彼には『ファンタスティック・フォー』のジョニーさえ追いつけないのではなかろうか。パワードスーツを着ればハルクにも負けないパワーもある。スパイダーマンの能力さえ取り込む(原作)。まさに完全無欠!パワーダウン気味だった最近のマーベル映画の中では突出して面白かった。

『インクレディブル・ハルク』同様、今回も本編の後に続きがある。そこでは本編終盤に設立したS.H.I.E.L.D.の長官(某有名俳優)がトニーの前に現れ、『アベンジャーズ』への伏線を見事に描いている。もし本当に実現すればこれほど豪華なヒーロー・俳優達の共演は夢のようで非常に楽しみである。もちろんアイアンマン単独での次なる活躍も。

イメージ4イメージ 9
僕天才で社長          秘書も美人だし☆

9.jpg10.jpg
地味だけど火炎放射が魅力な1号機

イメージ 6
出番が少なかった2号機

イメージ 8
悪は許さん!

イメージ 9
アイアンモンガー発進!

イメージ 5
次は俺の番かな♪

イメージ 13
ロボVSロボ!!

イメージ 12
アイアンマンの戦いは続く・・・


テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画

スケアクロウ

『バットマン ビギンズ』の中で異彩を放つ悪役として登場するものの、『ダークナイト』のオープニングでチャッチャッと片付けられてしまった
スケアクロウ
今思えば地味な攻撃手段の彼だけど、彼も割りと好きだった。
(というかバットマンの悪役はMrフリーズ以外皆好きかも)

そんなわけで画像をいくつか貼り付け~。

イメージ 5
彼が登場した時、ニヤリとしたのは僕だけじゃないはず。

イメージ 4
でも、もうそのズタ袋はあんま怖くないですぜ!

イメージ 3
神経ガス攻撃は健在!

イメージ7
あれ!もう用済み!?

イメージ 6
非常に贅沢なキリアン・マーフィーの使い方でした。

テーマ : ダークナイト-バットマン- - ジャンル : 映画

利用される美人

bcbd9f69.jpg
美人議員で世間を賑わせた藤川優里議員がDVDと写真集を発売
http://news.livedoor.com/article/detail/3826471/

確かに美人なのは認めるさ~。
こんなのが選挙に出てきたら100票は入れる人も多いだろうさ~(だが無効)
けれどもなんくるないさ、、もとい舞台を間違えてはないだろうか。
e1bff9a3-s.jpg
街を闊歩したり、写真集でゼニを稼ごうってんならそりゃあルックスは良いに越したことはないが、、、あんた議員さんだろうとwww
まぁ周りの流れに逆らえなかったのかもしれないが、もはやアイドルになっちゃえばいいじゃんという勢いだ。
DVDでは八戸の観光名所をPRしているらしい。PRしすぎだ。
八戸ってそんなに厳しい状況じゃないだろうに・・・
むしろ千葉(ry


太田農林水産大臣が辞任した。
確かに誰が見ても色々と看過できない問題点があった。人間的にも。
ふと思う。
もし藤川議員みたいな美人さんが大臣で
『はわわ~~事故米バラまいちゃったです~~。でもウルグアイ・ラウンドという足枷ははずせないし、処理に困ってたから許してほしいですぅ~』なんて言ったら少なくとも我々男性は許しただろうか




ねーな┐(´-`)┌
人生生きる中で最終的に一番長く付き合うのは〝美〟よりも〝食〟ですもの。
明日からおはぎだ。
お彼岸だ。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

トゥー・フェイス②

実はヒース版ジョーカーが出るまでは一番好きな悪役だったトゥー・フェイス。
イメージ10
フィギュアが発売される今、再びその熱が出てきた!!

ストーリー上、ジョーカーよりも悪役としての扱いは薄かったけれど、そんなグロ悲しい彼が大好きさ。
two2.jpg


テーマ : ダークナイト-バットマン- - ジャンル : 映画

トゥー・フェイス発売か!?


433243-18221-0-66856-pc.jpg

バットマン、ジョーカーに続き、トゥー・フェイスのフィギュアもホットトイズから発売されます!
絶対出ると信じててよかった!

しかし画像はまだこれ一枚のみ。
果たしてどんな出来栄えとなっているのか・・
まぁホットトイズだから安心だろうけど!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

『サイコメトラーEIJI』第3話「時計じかけのリンゴ」



テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『サイコメトラーEIJI』第2話「殺人鬼メビウス・完結編」



テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『サイコメトラーEIJI』第一話「殺人鬼メビウス」



このドラマは割と好きだった。

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『ウォンテッド』レビュー

【STORY】
恋人にも捨てられ、人生にうんざりしているウェズリー。そんな彼の前に突如現れた謎の美女フォックスは、ウェズリーの亡き父が秘密の暗殺組織を牽引する凄腕の暗殺者だった事実を彼に知らせる。
そして父亡き今、ウェズリーこそ組織を継承する立場にあるのだと告げられ彼は暗殺者としての訓練を受けることを決める。


【レビュー】
『マトリックス』に多大な影響を受けたマーク・ミラーの同名グラフィック・ノベルを『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』のロシア人監督ティムール・ベクマンベトフが映像化した作品。彼の記念すべきハリウッド進出第一弾作品でもある。
『マトリックス』『300』に次ぐ映像革命!と言うと大げさかもしれないが、斬新なヴィジュアルによるガンアクションはなかなかの見応えがある。

主演は激しいアクション映画には無縁だったジェームズ・マカヴォイ。どちらかと言えば文系なイメージが強く、『スパイダーマン』シリーズのトビー・マグワイアと共通するイメージがあるが、アンジェリーナ・ジョリーを初めとした暗殺組織〝フラタニティ〟の面々にこっぴどくリンチされながら逞しくなっている。まさに今作は彼の成長ストーリーとなっている。

しょっぱなから助走をつけてビルからビルへ飛び移り、空中にいる間に屋上にいる数人の暗殺者を撃って着地というトンデモアクションが繰り広げられている。しばらくしたらすぐに今度はアンジーの激しいアクションとそれに巻き込まれる不運な男マカヴォイのドタバタが展開。色々と納得行かない様子の主人公だったが割と物分りは良く、今の生活に嫌気がさしているということも手伝ってかすんなり暗殺者に転向(すごいな)。ここらへんの流れは『マトリックス』に比べるとスムーズでストレスは感じなかった。
組織のボス・スローンを演じるのは『ダークナイト』が記憶に新しいモーガン・フリーマン。『ラッキーナンバー7』でも組織のボスを演じていたが今回の方が若干シリアス度は高め。そのため威圧感がビンビン伝わってきた。 組織の他のメンバーには銃器の専門家ガン・スミス役に『スモーキン・エース』のコモン、どんなリンチを受けても浸かれば大丈夫!な回復風呂を管理するエクスターミネーター役に『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』で監督御用達のコンスタンチン・ハベンスキーと豪華な顔ぶれ。コモンなんか正直、こんな扱いでいいのかという役回りだったが。
組織が追う敵〝クロス〟を演じるのはトーマス・クレッチマン。素晴らしい俳優なのだが、『ブレイド2』『バイオハザード2』『NEXT』など、こと悪役を演じるとどうも2流・3流扱いが多い。何となくイヤ予感はしていたが、やはり今回も敵の大ボスという事ではなく、色々と可哀想な役回りであった。そんな彼をサポートし主人公に真実を語ってくれるぺクワースキー役にはテレンス・スタンプ。もう一度言うがキャスト陣はホントに豪華なのだ。

ストーリーは予想よりもしっかりしていた。すごい映像を見せてやるんだからストーリーなんか気にするなという作品が多い中この姿勢は好印象。『1を殺して1000を救う』というセリフも好き。終盤では1000が巻き添えになってた気もするが。また千どころか万は犠牲になってたであろうネズミ達も可哀想だったが、これは殺し屋どもの映画なんだと無理やり割り切った。

ロシアでガンアクションを制限された男がハリウッドで映画を監督するとこんな事になるわけだ。もちろんこれは褒め言葉。監督は今作こそ『ダスク・ウォッチ』にあたる作品だという考えらしい。『ナイト・ウォッチ』3部作には大して思い入れはないので構わないのだが、これで満足してあちらの3作目の製作を途中で投げ出さないか少し心配。しかし、間違いなく今作はティムール・ベクマンベトフ監督の代表作となった。
従来のアクション映画とは別の意味で痛々しいシーンもあったが、スタイリッシュなアクションが楽しめることはきちんと保障してくれる、この秋の大作の一本。


テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画

恋空

『ねぇねぇ、私の事好き?』

『いや好きじゃなかったら一緒にいないし・・・』

『じゃあじゃあ!どこが好き?』

『いや、、どこって、、、う~~ん、、』

『むぅ~~(≧ヘ≦) 』

『いやっ、全部!全部好き!』

『またぁ、、絶対ウソだぁ~』

『いや、ホント!マジ全部っ!全部食べちゃいたいくらいだよ☆』



そんなわけで『食人族』のリメイクは着々と進んでいるらしいので一安心な僕です。ただ一つ気がかりな事はルッジェロ・デオダードは実際に人は殺さなかったものの(当たり前)、亀の解体シーンではホントに亀を解体してしまったという悪行があるので、リメイク版という記念的作品でまた何かやらかさないか心配。

以前海外のサイトでどっかの誰かが、『動物を実際に殺して撮影するなんていう監督は大成なんてしない。彼(デオダード)がいい例。その証拠に彼は『食人族』以降何のヒットもないだろう?』なんて事を書いてたのがやけに記憶に残ってる。まぁ適度にドキュメンタリーチックで適度に人を食べてくれればいいや。

ん?恋空?
そんなタイトルに騙された人はザマを見ればいい。

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

再上映

今年の最高傑作である『ダークナイト』が2009年に再上映されることに決定。アメリカで。
http://cinematoday.jp/page/N0015214

恐らくアカデミー賞を見越してのこと。
これはもう何としてでもヒースにオスカーをあげたいっ!!

日本で再上映したとしてもたぶん観にいくw
たとえDVDで何十回観てたとしても☆

テーマ : ダークナイト-バットマン- - ジャンル : 映画

やっぱりトビー☆

N0015170.jpg
『スパイダーマン4』『スパイダーマン5』主演はトビー・マグワイアが続投!!
http://cinematoday.jp/page/N0015170

キャスト総とっかえ説もあったけれど、主役はトビー・マグワイアの続投で落ち着いたよう。
シリーズのファンとしてはやっぱり嬉しいし一安心。
対してキルスティン・ダンストの出演については明言されなかった模様。
ダンテ的にはヒロインは変わっても全然構わないです(^ー^)

気になるのは敵キャラか。
伏線のあるリザードマン、ウルフマン、カーネージあたりを希望♪


テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

ニコラスまだまだやる気満々

N0015130.jpg
ニコラス・ケイジが『ゴーストライダー2』と『ナショナル・トレジャー3』について語っている。
http://cinematoday.jp/page/N0015130

自分は割と好きだしそれなりの2007年最初のスマッシュヒットも出したが、評判はイマイチだった『ゴーストライダー』
まだ誰が悪役~とかいう話までは行ってない段階らしいが、カトリック教会と活躍して活躍、、という宗教色の強い作品になるとの事。

う~~ん、、、、
あくまで〝アメコミ〟という意識は保ってほしい。

『ナショナル・トレジャー』は別にいいや。

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

『ハロウィン』公開!!

大変長らく待ちました。
一時はもうあきらめかけてた。もしかしていきなりDVDスルーかも、と。

だが、しかし!
ついに10月25日公開です!!

ロブ・ゾンビ版『ハロウィン』
T0006444.jpg
T0006444a.jpg

アメリカ公開からちょうど一年か。
まさか・・・ハロウィンに合わせたつもりか!?
丸一年遅っ( ̄ω ̄;)

でも公開してくれるだけ有難いです。

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
08 ≪│2008/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。