スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茄子・即・斬

グッイ~ブニング、レィディ~スアーンジェントルメェン

『ダークナイト』の余韻がまだまだ抜けきらない僕です(`・ω・´)


この季節にこの髪の量はウザすぎるということで昨日地元の理容室に行きました。ハーフパンツというラフな格好で。
そこはおばちゃん2人が営業している最近行き始めた(3回目)お店。
髪を切る資格のあるおばちゃん(A)と髪は切れない代わりにサポートに徹するおばちゃん(B)がコンビネーションを発揮してます。どちらもおしゃべり好き。

色々と世間話(主に僕の就活)をしつつバッサリ切ってもらいつつ髪をシャコシャコ洗ってもらいつつマッサージしてもらう。

うたた寝しそうかも、しないかも、しそいかも、という感じの時にお店の奥の方から『キャンキャン』という声が。
おばちゃんBが奥に向かう音が聞こえ『こら、鳴いちゃダメでしょ。我慢できないの!?』と言う声が聞こえる。

あ~、ここって犬がいたんだなぁ~と目の上に熱々のタオルを載せられてヒゲを剃られながらぼんやり思う僕。

するとおばちゃんBがドアを開け戻ってくる時に『タッタッタッタッツ』という異音が。

!?
ビーストがこっちに放たれたか!!
しかも一匹じゃねーぞ!!

目がタオルから解放されるとそこには店内を走り回る白と茶の二匹の犬。チワワのような感じだがチワワより可愛いヤツ。

まぁもう閉店間際だしお客さん俺だけだし犬嫌いじゃないし(^^)
しかしやはり足下を走り回られるとソワソワする。ハーフパンツだし。
けどこいつら走り周りはするけど非常に行儀が良・・・

『生足好きだからってお兄さんの足舐めちゃダメよー』

┐(´ー`)┌(何言ってんだか)

と言った瞬間飛びかかってくる犬。

ぎゃあああぁぁ∑(´Д`;) 

爪がいてえええええ

俺の足を足蹴にして何度も何度も何度も何度も飛び乗ろうとする犬。
犬『キャンキャンッ!(嬉)』
俺『キャンキャンッ!(泣)』

ううう・・う・・すね毛がなかったらもっと痛かったお(/ω\)

とはいえ何だかんだで可愛かったので頭を撫で撫でした
・・かったが全て舌でベロンチョガードされた。

散髪終了後アイスコーヒーを頂き、さらに『珍しいから持ってって』と京都の友人からもらったという茄子を頂いた。
080730_191700.jpg
なんぞこの形 (゜Д゜)
普通に焼いても良し浅漬けも良しという事。
夏だからやっぱ焼き茄子かな。

帰り道でライトセーバー二刀流のマネをしたのは言うまでもない。
案外二刀流って弱いんだこれが。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ダーク【プレミア試写会】ナイト

080728_164738.jpg080728_164929.jpg

昨日はこの夏、、いや今年最高の映画【ダークナイト】のプレミア試写会があった。自分は当初参加予定ではなく、『家でDCダイレクトのバットマンとジョーカーと見守ってるからいいもーん』と思っていましたが、よくよく考えてみた。

その日にどうしても退っ引きならない用事があるならともかくあれだけ大騒ぎしていた俺がプレミアに行かなくていいのか? ・・と自問したところ脳の中で5人くらいの常任理事国こと俺が『否っ!!』と全会一致したので急遽サクッと試写状をゲットして参加する事に。

同行者にはダークナイト同盟であるmixiの関係の友人。
場所はその昔岩男潤子がクリスマスコンサートを行った東京国際フォーラムホールA。

国際フォーラムか・・・
久しぶりだな・・・・

つ一週間前『インクレディブル・ハルク』

座席引き替えは15時からにも関わらず、先着100名にレッドカーペット鑑賞券が配られるという事もあり自分が到着した午後12時半頃には既にたくさんの人がいた。

あらかじめ用意した簡易椅子に座ったり、地べたに座りこんだりして暑さに参ってる人達がいる中ひたすら立ちつくす俺。
片手にはボールペン。片手には社会科学の参考書。
スタイリッシュ。

そうこうするウチに友人と合流。
マニアックな映画の話ができる人と共にいたおかげで残りの時間はあっという間だった。


が、引き換え直前になりここでアナウンスが。
『レッドカーペットをご覧になる方は劇場での席が後方、通路側になります。ご了承ください。』

ざわ ざわ ざわ
一同どよめく。
まぁしかし当然と言えば当然か。
ステーキかポークソテーどっちかにしろと(違


自分たちの時には既にレッドカーペット鑑賞券はなくなっていたが、仮に二者択一を迫られたとしても後ろに追いやられるよりは前の方の席を選んでいただろう。さて、その決意の甲斐あってか席は10列目の真ん中(ハルクの時は3列目の割と端の席)だった。
大大大迫力。しかし、身体を後ろにゆったり預ければちょうど良い快適な席だった。

係員は事前に告知しなかったがレッドカーペットに参加しない人々もスクリーンでその模様は観れる。なんだ至れり尽くせりじゃん。

開演を前に徐々に集まってくる日本のせれぶ。
プロ野球の桑田や怪談新耳袋こと内山理名、デーブ・スぺクター夫妻に小堺一機、もしかしたら自分の事を有名と思っていたかもしれないよく知らないモデル風の女性などなど。
余談だがクレイジー88のゴードン・リューみたいなサンジャポの記者に相対するデーブ・スぺクターを見ていて、『この人怪人役が似合いそうだなぁ』と思った。少なくともジョーカーのコスプレはいけるw

その後予定より少し遅れて登場した【ダークナイト】の面々。
うは、、クリスチャン・べイル格好良すぎる。
アーロン・エッカート、サービス精神旺盛。
MJ(キルスティン・ダンスト)より多少はマシ程度にしか思ってなかったマギー・ギレンホールは劇中より美人だった(こら
もちろん鬼才監督のクリストファー・ノーランも。

撮影で使われたバッドポッドが置いてあるステージ上でそれぞれが挨拶。プロデューサーが日本語で挨拶したのを皮切りにアーロン・エッカーとも『下手だけど一生懸命やるから笑わないで』と言い挨拶。マギーは笑顔で『日本語は出来ないです。紙も隠しもてる場所がないです(てへへ)』と。驚いたのはクリスチャン。そういうことはやらないと思ったがサッと紙を出して日本語で挨拶。アーロンと同じか一番上手だった。
ジョークが簡単に通用しないノーラン監督はもちろん英語w

一々中継もやったということはこれで彼らはこれで帰るのか~~、、と思ったらそのまま劇場に!近い近いっめっちゃ近いっ!絶対こっちの方が良かったじゃまにかと興奮気味だった。

肝心の本編。
オープニングの6分は告知通り予想が読めず、展開が飲み込めた時、そこには最強の敵“ジョーカー”が出現していた。一方バットマンは予想通り冒頭で前作の生き残りの小悪党(個人的には好きなんだが)をチャッチャッと片づけ今作での立場を表していた。
「英雄として死ぬか、生き残って悪に染まるか」<という言葉通り、より過激な犯罪都市と化したゴッサムシティで繰り広げられる熾烈な攻防に目が釘付けで150分が一瞬だった。

上映終了後、会場は喝采の拍手で包まれた。
「ヒース・レジャー」と名前が出た際には一際大きく。
しかし、これは彼がこの世を去ったゆえのお情けの拍手ではない。
彼の演技に対する当然の賛美。


この作品を前にしては2流3流のアクション映画は裸足で逃げ出すだろう。ましてやちょっとヒットしたらやれシリーズ化だと息巻く日本の映画なんぞ相手にならない。早々に道を開けろ、本物のエンターテイメント作品がお通りだ。

まさにそれこそがこの【ダークナイト】なのである。


080728_darkknight_main.jpg
(写真は左から監督のクリストファー・ノーラン、主演のクリスチャン・べイル、マギー・ギレンホール、アーロン・エッカート、プロデューサーのチャールズ・ブロン、エマ・トーマス

テーマ : ダークナイト-バットマン- - ジャンル : 映画

氷結か銃

氷の女神シヴァよ!
我が前に立ち塞がる全ての敵を絶対零度の世界へ誘い粉砕せよ!!

アイスソーードッッ!!

そんな感じ?の武器が出来ましたよ。inイギリス
http://10e.org/mt2/archives/news/

このナイフは通称「wasp knife」(スズメバチナイフ)。
柄の部分にガスが入っていてナイフを対象に刺した後にスイッチオーンでガスが吹き出て対象を凍らせ、一撃で粉砕という趣旨らしい。
もちろん元はサメやクマ対策に考案され物です。

しかし、悪知恵が働くのが我らが人間。
イギリス警察はこのナイフが殺人に使われないか懸念してる模様。
仮に犯罪に使う馬鹿が出たとしても、、銃を持たないホットファズ改めイギリスポリスがんがれ!


クマ対策と言えばこちら。
少し前の20日、北海道の羅臼温泉野営場に体重70キロほどのヒグマが出現。家族5人で訪れ、テントで寝ていた女子中学生(12)に必殺キックで撃退されたとの事。
http://www.asahi.com/national/update/0720/TKY200807200218.html

女子中学生は妹(10)がイタズラし(午前4時に?w)テントを押してきたと勘違いしあまりにしつこいので一発かましたという。

助かってよかったよかった。

この威力の蹴りを妹に食らわしていたかと思うと・・((( ;゚д゚))アワワワ

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

家族は仲良くっ

情報が錯綜してます。
クリスチャン・べイルは逮捕されましたが容疑を否認しました。
それは昨日の段階でも分かってたんだけども、暴行をしたという事自体がデマだった・・模・・様?

とりあえず情報が必要だ!と日本語でクリスチャン・べイルとググってみたら割と最初の方にオイラのこのブログが出てきたりしてちょっと嬉しい、えへへ。

日本のセレブ(笑)と違い向こうのセレブは周りに流れるお金の額が半端ではないのでそういった事情も絡んで起きた家族内トラブルの可能性も大いにあるのかな?
ともあれ昨日も書きましたが、暴行が本当であれデマであれ、きちんと反省さえする人ならばこれからも変わらず好きっす。

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

地震についての基礎知識

身近な問題の話を。

今日は廃品回収の日。ウチの目の前に回収所があるのですが、ウチが捨てていいのは坂の下の場所という昔からちょっと変わった設定。
もちろんズルをせずに遠い方に捨てていってるのですが、網戸にしているとご近所さん(ウチの目の前が回収場所)が捨てにくる音がよく聞こえます。特にビンとかのあの「カ(ガ)チャ音」が。
そしてそれとは別に猫の「おーん」という鳴き声も聞こえます。
捨てに来る人がそれを追い払おうとしているのか少し強めな「カチャカチャ音」と警戒している猫の「おーーん!(怒)」という鳴き声、さらにそれらとは別に聞こえてくる赤ちゃんの泣き声(もしかしたら別の猫?)が混ざり合い、それらが素敵な交響曲第五番みたいな感じでとてもうざったいです。

という話は別にどうでもいいとして

昨日夜中に地震が起こりましたね。最近また夜中に勉強するという悪い生活習慣になってきているので起きていましたが長~い揺れでした。震源地はどこぞ?と思ったら岩手県北部。亡くなった方もいなく、特段大きな被害もなかったようで良かったです。

地震と言えば、今自分が勉強している試験の一般知識としてたまに問題が出てきます。問題を丸覚えすればそれで済むいわゆる知識問題なのですが、部屋を探したら出てきました。

中学生用の580ページほどの理科の参考書。
これはちょうど良いと思い読み込んでますが、これがなかなか馬鹿にできない。ていうかこの知識をきちんと把握してる中学生は俺の3倍は頭良くて赤いぞきっと。


地震は地殻やマントル上部を構成する岩体に局部的に大きな力が加わって、ひずみが大きくなり壊れるときに発生するというのが定義。要はプレートのずれという事ですな。日本だとユーラシア、太平洋、フィリピン海プレート。
んで地震にはP波(PrimaryWave)という縦波(初期微動)S波(SecondaryWave)という横波(主要動)がある。

そして初期微動継続時間は震源までの距離が大きいほど長いとのこと。
なるほど確かに今回震源地は東北にもかかわらず(だからこそ?)千葉も長い間揺れてました。

ちなみに震源までの距離=7.5~8.0×初期微動継続時間(秒)

地震の揺れの大きさは「震度」で地震のエネルギーの大きさは「マグニチュード」で表し、震度は全部で10段階(0・1・2・3・4・5弱・5強・6弱・6強・7)。
一方マグニチュードは数値が「1」大きくなるとエネルギーは30倍増量。例えばマグニチュード4と8の差は2倍ではなく810000倍という凶悪さ。
ちなみに日本に被害を与えた地震では1891年の濃尾(8.0)、1923年の関東大震災(7.9)、1960年のチリ(8.5)、などが強烈。

また今回関東に波及したこの揺れですが、単純に地盤の脆さも指摘されてます。今に始まった事ではないですが、我々は非常に不安定な大地の上に立っているというわけですな。ダンテさんの将来のように不安定というわけですな。うるせー。

以上地震の基礎知識でした。

え、地震についてそんな事も知らなかったの?という人は優しくスルーして。でなければ僕の自信が揺らいじゃいます。

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

やんちゃですこと (´・ω・`)

『ジョッシュ・ブローリンとジェフリー・ライト喧嘩で逮捕』
http://cinematoday.jp/page/N0014502

オリヴァー・ストーン監督の最新作を撮影中だったこの2人。
かたや『プラネット・テラーinグラインドハウス』の暴力夫、かたや『シャフト』のギャングのボス。こちらの場合は逮捕されてもあまり衝撃ではなかったり・・

あ、でも『シャフト』と言えばクリスチャン・べイルも悪いヤツだ・・

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

ダークナイト御用!?

【ダークナイト】で闇の貴公子バットマンを演じ今後も【ターミネーター4】【ロビンフッド】と大忙しのクリスチャン・べイル!!

『61歳の母親と40歳の姉に暴力をふるった疑いで逮捕』
http://cinematoday.jp/page/N0014600

ちょちょちょちょちょっ∑(´Д`;)

何てこったい。
NYプレミア後に自首したらしい。
ジャパンプレミアはどうなんるんだと心配だったけど、さっき新しいニュース観たら保釈された模様。 容疑は否認。

ホントの俳優さんて役にのめり込みすぎて大変だと言うし・・
今回ジョーカーを演じた故ヒース・レジャーもそれが大きな原因だったし。もしかしたらクリスチャン・べイルも母や姉を近未来型のターミネーターと勘違いしたとか。もしくはジョーカーの相方である女怪盗ハーレークイン(年齢高めだけど)と思いこんだとか!
それに今は簡単に人を殺す人がいるけど暴力で済んでよかった!
やっぱりバットマンは善人も悪人も殺さないんだ!

とまぁ苦しいフォローはここらにして。
暴力は良くないのでそれはそれで重々反省するとして、、それでも僕は役者としての彼はこれからも好きです(´ω`)

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

マスコミのターン。いつものカード。

埼玉県川口市で父親を刺殺した中学3年の長女の動機の一端として『ひぐらしのなく頃に』の漫画所持があげられています。
もうマスコミの恒例行事ですね。

別段この作品を支持してるわけじゃないですがこういうものを“所持”していただけで危険視されるのはたまったもんじゃありやせん。
ましてやレビューまで書いてるオイラはどうなる。

つ危険視

(;´д`)

結果的に今回この女子学生は確かにやってはいけない事をしてしまったけれど、理由は他にあると思う。というか最近は人を殺すのに大した動機が必要ない時代でもある。
何でもかんでも『ひぐらし~』とかほんの少しでも暴力描写のある漫画やアニメ、ゲームに責任を押しつけて本当の悪を社会の暗部に押し隠そうとする流れはボクはきらいなのです。みー。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

お願い僕を【プレミア試写会】怒らせないで

みーどりーの中をはしりぬけてーくみどりのハルク!

そんなわけで今日はアメコミ映画『インクレディブル・ハルク』のプレミア試写会に行ってきました。マーベルコミックの人気キャラクターの実写映画です。

2003年にも公開しましたが、あまりにもひどかったので早々にリメイクしたのが今作。
「人生は何度でもやり直せるんだ!」というマーベルのモットーに基づいております

さて、プレミア試写会というからにはぁ~~

  _   ∩
( ゜∀゜)彡 生ノートン!!生タイラー!!
 ⊂彡

『本日のゲストは日本語吹き替えでハルクの吹き替えをなさった・・水嶋ヒロさんでーす!!』

・・・え(゜Д゜)?!

『ワンピース』のパクリと言われてた漫画を書いてた人・・じゃなくて水嶋ヒロ??いや、ドラマを観ないさすがのオイラも一応知ってはいるけど・・・

ウイルスバス・・ノートンは?(´・ω・`)

何ヶ月か前にはキャストが来日するみたいな事聞いたような気がしたんだけどなぁ~~ ちょっとガッカリ。
水嶋ヒロはとってもいい人そうだけどもう早く本編上映してくれ。

『そして、今日はある物をご用意いたしましたー!!』

ざわ 
  ざわ
    ざわ

スクリーンが一度上にのぼり奥から姿を現したものそれは・・・!

でっっかいハルク・・の上半身が乗った御輿!・・か?

『本日は青森からハルクねぶたが来てくれましたー!』
どでかいサウンドと共に踊り狂う青森大学の人々。
そしてハルク御輿。

うああああああ
すごい迫力だが早く本編上映してくれえええ

ちなみに代々日本の歴史上の英雄を取り扱ってきたねぶた御輿ですが、今回アメコミヒーローを取り扱うのは初とのこと(だろうな
そして実はこのハルク御輿は未完成。
これから完成されて8月2日からのねぶた祭りにも登場します!とのこと。・・・頑張れハルク(∩д∩)

本編上映前には『アイアンマン』と『ハンコック』の予告も。
どちらもヒーロー映画ですが『アイアンマン』はハルクと同じマーベルのキャラクター。そしてこの予告を流すのには意味があるのです。

本編の長さは2時間以内。
主演のエドワード・ノートンは『人物面をもっと掘り下げて2時間半にしよう!』と進言したらしいですがルイ・レティリエ監督は『トランスポーター3も撮らなきゃいけないから勘弁してください』と(一部嘘

前作で1時間かかった『ハルクの誕生』が今回は2分で説明。その代わりハルクになってからのストーリーがじっくり観れたし2時間以内でちょうど良かったと思う。

そして本編の最後に9月公開の某映画の某CEOが登場。
作品を超えたリンク!
2011年に公開予定のマーベルコミックのキャラクター大集合の映画への伏線か!!
バットマンやスーパーマンやワンダーウーマン、DCコミックのヒーローが集まった“ジャスティス・リーグ”の映画化は頓挫したというのに・・マーベルコミックの大進撃が始まる予感(((( ;゚д゚)))

負けるな『ダークナイト』!!
何だか話の方向が変わりそうになってしまいましたが基本的にアメコミ映画は会社に関係なく大好きです (ノ´∀`*)


ハルク・・スマーッシュ!!(ホントに言ってた


テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

暑いと思うから暑い。暑いと思わなければ暑い。

暑い日が続きますねー。
でもいくら暑いからと言ってもピノの摂取量は一日5個くらいにしたほうがいいです。最近僕はピノ2個+ジャイアントコーンというコンボを編み出しました。

飲み物では最近「感じるマンゴー」というものを飲んでます。
これはやばいです。色々と。


【スーツの話】
この時期にスーツ着用で活動するのは正直しんどいです。
まぁこれが日本の男の宿命さ、と思えば割り切れなくもないですが。
特に自分の場合、よせばいいのに朝風呂(シャワーだけ)を浴びてから外出するので家を出でも汗がひかない。
しかし、1時間ほどするとそうでもなくなりむしろ電車外でも内でも、スーツを脱がなくても汗がほぼ出なくなる。

そんな時オイラはこの暑い中で顔色変えずにスーツを着こなして颯爽と歩く俺カッコよす!と思うのである。暑いけど。


【マネーの話】
この一週間、マネー消費量がすごい事になってしまいました。
まぁ何ヶ月か前から購入しようと思っていたものを手に入れたわけなので計画的ではあるのですが。それでも突発的に買ってしまった物もある。
怖い系の小説や、雑学本。『スクールランブル』『ブラックラグーン』の最新刊や以前友人と話していたら急に気になりだした『デトロイト・メタル・シティ』も揃えてしまった。
別に「今」じゃなくてもいいとは思うが、まぁ最近ストレスが溜まっていたんだなぁ~と思い自分に優しくしておいた。自分が自分に優しくするのは良い事だ。特にこんな世の中においては。

【映画の話】
2年ほど立ち読みして定期購読を決めた雑誌『映画秘宝』。
なんと今月は皆大好き?アメコミヒーロー特集!!
僕の永遠のヒーロー・バットマン最新作『ダークナイト』『アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』『ヘルボーイ2』『ウォッチメン』『パニッシャー:ウォーゾーン』の記事が☆

そしてジャパニーズホラー特集も!
もうじき公開の『片腕マシンガール』『東京残酷警察署』『赤んぼ少女』の情報が載ってまふ。表紙も『片腕マシンガール』の主演女優・八代みなせ

いつになっても観たい映画はたくさん。
しかしお金はnotたくさん。
この夏はなるべくお金をかけずに映画を観ていきますv(^ー^)v

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

『REC/レック』レビュー

T0006030.jpgT0006030a.jpg

【STORY】
レポーターのアンヘラは、あるアパートに出動する消防団に同行取材を行う。現場にいたのは血まみれの老婆。老婆は警官にかみ付き、建物は外から封鎖されてしまう。
救出に来た衛生士の口から、この建物で発生したと思われる人や動物を凶暴にする病原菌の存在を知らされ……。


【レビュー】
スペイン生まれの大ヒットホラー作品。
99年に『ブレアウィッチ・プロジェクト』が大ヒットをし、しばらくブランクはあったものの今年になって『クローバーフィールド』や『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』などで再び注目され始めた“手ぶれ映像”映画。厳密にはP.O.V.=ポイント・オブ・ビュー(主観撮影)というこの手法。臨場感は抜群だが、こういった映像に慣れていない人は非常に“酔う”ので観る人を選ぶ作品とも言える(今作は短いので見やすいと思うが)。ちなみに私は海外のFPSゲームが大好きな人間なのでこういう映像は結構好き。

監督は『スパニッシュホラープロジェクト』の一人であり、『ネイムレス』『ダークネス』『機械仕掛けの小児病棟』と徐々にキャリアをアップさせていったジャウマ・バラゲロ。彼の作品は確かに雰囲気は怖いが、単純に“ホラー”として捉えた場合どこか物足りない(スパニッシュホラーの特性?)感じがしていた。そんな彼が同じく『スパホラ』の一人であるパコ・プラサと組み、『ブレア~』方式を採用したことが功を奏したのか今作は素直で分かりやすいホラーとなった。

残念ながらストーリー自体はありがちな閉鎖型感染ホラー。「何故こんな事になったのか」の理由は徐々に明かされていくがきちんと答えを出してくれるのは予想外だった。所有者はいるが誰も使っていない最上階に逃げ込むが実はそこが全ての・・・という流れはべタながらもやはり素敵。
7歳の女の子が突然襲ってくるくだりも好き。子供ゾンビ(感染者)というネタは忌避されがちなのでリメイク版『ドーン・オブ・ザ・デッド』のような嬉しい衝撃だった。執拗に襲ってくる老婆も怖さと滑稽さが綯い交ぜになっていて良かった。この映画のヒロインはリポーターのアンへラだがもう一人のヒロインは間違いなく彼女。

ハリウッド版リメイクもスペイン版の続編も決定しているこのシリーズ。いくら斬新(最近)な映像と言えどあまりしつこいと飽きも早そうだが果たして・・・・


★★★☆☆
オフィシャルサイトはこちら

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

ひとりじゃない

080715_222427.jpg
DVD『陰日向に咲く』を購入~。
購入特典で登場人物がデフォルメされたシールもついてきた。
080715_230744.jpg

今年の邦画の中でもかなり好き。
不覚にも泣いたし。
ウチのかーちゃんが劇団ひとりのかーちゃんからもらった小説版も合わせて読むと尚良し★

テーマ : DVD - ジャンル : 映画

プレミア~゚ヽ(*´∀`)ノ゚

『インクレディブル・ハルク』のプレミア試写状が届きました。

映画秘宝さんサンクスです☆
毎月購読してまっす(これ本当

誰が来るのかなぁ~
やっぱり主演のエドワード・ノートンとリブ・タイラーは来るよなぁ。
2003年版よりはるかに面白そうにしてくれたルイ・レティリエ監督も来て欲しい!!

あぁ、、来週が楽しみだ(^^)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

『HOTFUZZ/ホット・ファズ』レビュー

080714_185851.jpg 20080416-00000000-pia-ent-thum-000.jpg

【STORY】
ロンドンのエリート警官ニコラス・エンジェル。優秀すぎるという理由で、田舎の村へと強制左遷。そこでも張り切るエンジェルだが、アクション映画好きで、どんくさいバターマンと相棒を組まされる。
ある日、村で怪死事件が発生するも、それを殺人事件だと主張するエンジェルは全く相手にされない。
果たして彼らは村の真相を暴けるのか!?


【レビュー】*ネタバレあり
『ショーン・オブ・ザ・デッド』のエドガー・ライト監督&サイモン・ペッグ&ニック・フロストら仲良しグループの最新作。映画を本当に愛しているエドガー・ライトの手腕は今作でも見事に発揮されている。

嬉しい事にキャストやスタッフの多くは『ショーン・オブ・ザ・デッド』を引き継いでいる。主演の2人はもちろん“デイヴィ・ジョーンズ”でより知名度を上げたビル・ナイだって普通に出演。そこにティモシー・ダルトンやジム・ブロードベントらが加わり、さらに大女優ケイト・ブランシェットや『LOTR』のピーター・ジャクソン監督らがカメオ出演しているという豪華ぶり。

ストーリーには『あ、このシーンはあの映画に似ているな』と思う箇所が多々ある。もちろん監督はそれらの映画に影響を受けていると公言。観客の笑いを見事に誘うものの、過去の名作らを決して馬鹿にしているのではなく本当の意味でオマージュを捧げている。
例えば、警察の地味なデスクワークを大袈裟なカメラ割で写すのなんかはトニー・スコット的だし、村全体に見えない暗雲が立ちこめる雰囲気は『ウィッカーマン』、教会下にいた新聞記者の死に方はそのまんま『オーメン』、周りを敵で囲まれ、なるべくなら銃に頼りたくなかった主人公がこれでもかという大量の銃器をしょって激しい戦いを繰り広げるメインのシーンは『わらの犬』だし、バカげてるくらいド派手なアクションは『バッドボーイズ2』のマイケル・ベイ節、、などなど挙げればキリがないほどのオマージュの数々。
村の模型が並べられた中での最後の格闘戦などは監督いわく『ゴジラ』をイメージしていたという。そしてまた上手くできているもので、この映画の音楽担当は『GODZILLA』のデビッド・アーノルドだったりする。全てが狙い尽くされたように作られたこんな映画が面白くないはずがない。
正直前半の緩慢な展開は飽きてきそう・・とも思ったがそう思った途端に展開は急に動き出したり、後半はもう一気に突き進む感じで結果的に画面に釘付け。アクションあり、友情あり、サスペンスあり、『ショーン~』からのファンにも嬉しいグロシーンありで一粒で何度も美味しくできていた。

それにしてもげに恐ろしきは署名活動がなければ劇場公開がされなかったというこの日本の現状。『ショーン・オブ・ザ・デッド』のあれほどの大ヒット(未公開ながら)を看過していたという事だろう。今作に限らず未公開ながらも優れた良作は非常に多い。これを機に日の目を見る作品が増える事を切に願う。

それはともかくとしてこの夏、日の目を見る事が出来た本当のエンターテイメント作品を堪能できた事に感謝!


オフィシャルサイトはこちら

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

たぐいまれなる状況

皆さん日々健全にお過ごしでしょうか?
モナったりしてないでしょうかね?

本日iPhoneが発売だとかでかなり話題に上がってましたね。
正直こういう物を徹夜してまで並んで買う!!という気持ちもなければバイタリティもないので置いてけぼりな感じがする。
まぁ自分にとって必要だと思う時がきたら買うだろう。

とりあえず携帯のSDの使い方覚えんべ。


『フィレンツェの大聖堂、落書き女子大生の謝罪に感銘。』
http://www.asahi.com/national/update/0710/NGY200807100015.html

異文化ってのはつくづく理解しにくいもんだなぁと思う。
聖霊が宿る厳かな場所で軽はずみな行動をした落書き娘。たちの行為は看過できないものがあるが、それでも落書きをされた当のイタリア側(大聖堂側)が『謝罪のお気持ちだけで充分ですよ(^^)』と言ってくれたわけで。

それなのに大学側は
『いやいやそれではダメなんです!もう一度そちらに伺います!そして謝罪行脚をします!!』

伊『えェェ~いちいちまた来んの~?』

という状況。
馬鹿丁寧というか何というか・・
周りからの視線や批判に多大に影響されたという事もあるだろうけど。
学生は謝意と大聖堂の保全のため計600ユーロ(約10万円)を寄付し、通常なら受け取らない大聖堂側も今回は修復費に充てた、と。

そしてそんな彼女たちの行為にイタリア側は大変感銘を受けたらしい!!

『謝罪訪問という勇気ある行動に感銘を受けた。寄付金で落書きを
消した個所に、学校名入りのタグ(銘板)を作りたい』


>学校名入りのタグ
>学校名入りのタグ
>学校名入りのタグ

落書き娘『ちょっっ(;´д`)』

謝罪の気持ちで充分と言いつつ結果的に『未来永劫許さねえから(○`ε´○) 』という気持ちを示したようにも見えなくもないこの流れ。
異文化コミュニケーションてホントいいもんですね~ってお話でした。

それではここで一曲。
北出菜奈で『消せない罪』

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

闇騎士一ヶ月前

今日は久しぶりに異性と映画へ。
観たのは前から一緒に行きましょーと言っていた『西の魔女が死んだ』
6月21日公開の映画でしたがまだ未見でした。
こんな事はダンテとしては珍しいことですww
一応それなりに自制心あったのね。

お相手さんは上映後、さめざめと泣いてました。

俺『うわ、泣いちゃってるんですか??だっさ~い』
と言いつつ俺もおんおん(/ω\)

違っ、これは○○さんと一緒に映画を観れた事に対する嬉し涙ですよう!とリアルで発言した俺はなかなかのキモさ。

まぁおばあちゃんネタには弱いからしょうがないさね。
ご飯何杯でもいけるくらい弱い。
世の中がこんな映画ばかりで埋め尽くされたら普通に水死できる。



それはそうと!
ついに!!
2008年最高の映画
『ダークナイト』公開まであと一ヶ月
です!!
準備はいいですか!(何の?)

ストーリーはいまだ明らかになってませんが何となく感じは掴んだ。

前作のラストでも示唆されたバットマン最強の宿敵“ジョーカー”がついに登場。

ブルースの幼なじみレイチェルの同僚ハーベイ・デント検事登場。
彼はバットマンのやり方に反感を持っているがゴッサムシティを守りたい気持ちは同じ。

ジョーカー、悪い事ばかりする。
バットマンの乗り物バットモービルも破壊しちゃう。

しかーし、ダンブラーのどでかいタイヤを再利用した新兵器バット・ポッド誕生!

一方、デント検事は生意気だということで顔に硫酸ぶっかけられる。
(誰に?マフィア?もしかしてジョーカー?)
怪人“トゥーフェイス”に変身。

バットマンVSジョーカー&トゥーフェイス!!?



ワクワクが止まらないおう(*´д`*)

テーマ : ダークナイト-バットマン- - ジャンル : 映画

『BUG/バグ』レビュー

【STORY】
アメリカ郊外オクラホマ。息子を失い心に傷を負ったアグネスは、最近仮釈放された元夫の暴力から逃れるため、一人でモーテル暮らしをしていた。
ある日、同じく辛い過去を背負うピーターと出会い心を通わせ始めるが、部屋の中に小さな“バグ(虫)”が存在することに気付く。
閉ざされた空間の中で、しだいに彼らの精神は壊れ始めていく・・・。



【レビュー】
『エクソシスト』で世界に衝撃を放ったウィリアム・フリードキンの最新作。元はオフ・ブロードウェイが原作というストーリーで、なるほどキャストの演技力が非常に活かされている作風だった。

だが、単純なホラーを期待していた自分としては観る前から何となくイヤは予感はしていたが残念な事にそれが的中してしまった。すなわち“何か”が出てくるわけではなく、あくまで精神トリップが引き起こす心理的ホラーという事。『SAW』や『ホステル』でお馴染みのライオンズゲートとタッグを組んだからといって必ずしも安心はできないという例になってしまった。

試写の上映前のトークショーで千原ジュニアという人も言ってたが「こういう映画もアリかも」という程度の評価しか下せないような作品に落ち着いてしまっているのが悔やまれる。
ただ、前述のようにキャストの演技はかなりの高レベル。マイケル・シャノンはオフ・ブロードウェイでも同じ役を演じていたという事で違和感なくストーリーに組み込まれていたし、そんな彼に触発されるヒロイン役のアシュレイ・ジャッド(観客から感情移入される立場)も徐々に精神を病んでいくという所が怖いと言えばまぁ怖くはある。

何故フリードキンがこの作品に惚れ込み、映画化に至ったのかその真意は分からないが、彼が求めた新しい恐怖の頂点がこれだとしたら少し寂しい。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

もーええやん

北京五輪会場のセーリングコースで大量の藻が発生した藻よう(ちょ
http://www.afpbb.com/article/beijing2008/beijing2008-news/2414297/3104336
コースの3分の1を埋め尽くし悪臭まで放つという大サービスっぷり。

一生懸命除去作業に取り組んでるらしいが果たして・・・・
国家規模のあきらめも時には肝心だと思うんだ。



この間まで「ぐーぐー」言ってた母親が最近「ぬーぶらやっほー!」とか言うようになった。

この世の終わりか?(;´д`)

僕と同じような好青年の方なら誰しも経験があるかもしれないが、自分の母親の口から「ぶら」だか「ぬーぶら」だか知らんがほんの少しでも性を匂わす単語が飛び出すという事がどれだけの心理的拷問かお分かりか。

センスのない人じゃないと思うのだが「おっぱっぴー」だの何だの、何故かつまらない芸人の決めぜりふ?ばかりを執拗に使う。夕食を作りながらも使う。

母「ぬーぶらやっほー!」
俺「飯できたなら普通に呼べや`Д´)」


まぁ産んでもらった恩もあるし、これから親孝行せにゃならんのでとりあえず命は見逃してやろう。

ちなみに僕はのーぶらやっほー(´・ω・`)

テーマ : 痛いニュース - ジャンル : ニュース

2つの顔を持つ男


『ダークナイト』では“ジョーカー”の存在感が強すぎ&情報抑えてるせいもあってか“トゥーフェイス”の存在がイマイチです。
しかし、オイラはもともとキャラクターとしてはトゥーフェイスの方が好きだった。
(トミー・リー・ジョーンズの効果もあるかもだけど)

さて、前に制作者が『トゥーフェイスの顔はすごくて吐きたくなるぜ』と言ってたらしいと伝えました。
じゃあ具体的にはどんななの?予告編でもよく見えなかったし!









こんな感じみたいです。
dark-knight-two-face-art.jpg



おお、単なるハッタリかと思ったけど子供なら十分怖がりそうだ。
吐くか吐かないかは個人差だけどww
ちなみに自分は全然イケます。
あ、吐かないという意味^^

彼がバットマンとどういう対決を繰り広げるのかが非常に楽しみです♪

テーマ : ダークナイト-バットマン- - ジャンル : 映画

『SAW5』情報①

キャストは出たけどまだまだストーリーは謎な『ソウ5』
そんな中ポスターがお目見えしたので紹介。

SAW5.jpg

ホ○マン!?あなたホフ○ンなの!?

なんだかちょっとしたレザー・フェイスみたいになってますが・・・
私はジグソウであってジグソウでないと言いたいのか?

何はともあれトビン・ベルはまだまだ大活躍だな。

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

7月公開のめぼしい映画

今月公開する映画の中で期待してるor面白い作品を簡潔に紹介。
は最高で5つ。


『崖の上のポニョ』期待してない
http://www.ghibli.jp/ponyo/
おい、あの崖の上にいるのってまさか・・・
うあああああポニョだぁぁぁ

『カメレオン』★★★★
http://www.c-leon.jp/
実は僕は藤原竜也がかなり好きだったりする。
もし僕が女だったら・・きもい。

『カンフー・パンダ』
http://www.kf-panda.jp/
子供が喜びそうな映画。
僕は子供でないので喜びません。
さっそく上映禁止した中国の懐の狭さに乾杯。

『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』期待してない
http://guilala-movie.com/
ゴジラ>>>>決して超えられない壁>>>>ギララ
加藤夏希は美人なんだから仕事を選べよ。

『クライマーズ・ハイ』★★★
http://climbershigh.gyao.jp/
暑い中での暑い男たちの奮闘劇でした。
実は中年になる頃には堤真一みたいになりたいと思ってます。

『12人の怒れる男』★★★
http://www.12-movie.com/
現代版のリメイク。
だけどちょっと期待してまふ。
12人がハルク並に怒ったら・・ガクブル

『スターシップ・トゥルーパーズ3』★★
http://starship3.jp/
究極兵器“パワード・スーツ”も初登場!
もっと早く使って見せてくれよん。

『スピード・レーサー』★★
http://wwws.warnerbros.co.jp/mach5/
マッハGO!GO!GO!の実写映画(笑)
ウォシャウスキー兄弟(笑)

『ドラゴン・キングダム』★★★
http://www.dragon-kingdom.jp/
如意棒を探すらしい。
その時点で萎えるけどジェット・リーとジャッキー・チェンが共演するというこの映画は首長族なみに待っていた作品なので一見の価値あり。

『BUG/バグ』
http://www.bugmovie.jp/
あの『エクソシスト』のウィリアム・フリードキンの監督作ですよ。
面白くないわけないじゃないですか。

うえーーん。

『ハプニング』★★
http://movies.foxjapan.com/happening/
タイトルの後ろに「バー」をつけるとあら不思議。
それはそうと最近のシャマランは信用できねっ。

『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』期待してない
http://horton-daredare.jp/
ホートンてダレダーヨw

『ホットファズ』★★★★★
http://hotfuzz.gyao.jp/
7月の最高傑作ですね、わかります。
日本版のサブタイトルひどす(´・ω・`)

『ワン・ミス・コール』★★
http://www.one-missed-call.jp/
言わずと知れた『着信アリ』のハリウッド版です。
こちらは日本版よりもさらに強力なコメディ。



とりあえずこんな感じですかね。
ただでさえ暑いんだから変な作品掴まされてより激昂しないように皆で気をつけていきまっしょい。

テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

ミシェル・ウィリアムズ(ヒース・レジャーの婚約者)、プレミアイベントをボイコット!

元婚約者の故ヒース・レジャーの家族が遺産を渡さないため、怒ったミシェル・ウィリアムズが映画
『ダークナイト』のプレミアをボイコットすると報じられた
http://cinematoday.jp/page/N0014296

とは言うものの彼女のスポークスマンはこの報道自体が馬鹿げてるとの事。
確かにいくら元婚約者とはいえ、何でこの人が映画のプレミアイベントに参加しなきゃいけないのかがよく分からない(笑)
ましてや遺産を渡さないからそのイベントに行ってあげない!!だなんて(^^し)

時として報道が滅茶苦茶なのは日本だけじゃないという事か。

まぁ何でもいいからヒースをゆっくりさせてあげてください><

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

まさに最凶

『(故)ヒース・レジャー、アカデミー賞の可能性?』
http://cinematoday.jp/page/N0014353

今回のジョーカーとしての演技があまりにも強烈で素晴らしいため、アカデミー賞の受賞候補になるかもとの事。

管理人的にも選ばれて全くおかしくないと思います(^^)
選ばれるべきです!
こんなクレイジーな演技の人間はもう観られないかもしれません。

バビエル・バルデムが静的に対し、ヒース・レジャーは動的な感じ。

テーマ : ダークナイト-バットマン- - ジャンル : 映画

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
06 ≪│2008/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。