スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SAWⅤ/ソウ5』レビュー

T0006751.jpg
【STORY】
九死に一生を得たFBI捜査官ストラムは、ほぼ無傷でゲームを生き抜いたホフマン刑事こそがジグソウの後継者なのではないかと疑い始める。一方そのころ、密室になったとある部屋のコンクリートの床の上では、犬の首輪をはめられた男女5人が目覚めていた。

【レビュー】*ネタバレあり*
ついに5周年を迎えたソリッドシチュエーションスリラーの最新作。監督は前3作のダーレン・リン・バウズマンからデヴィッド・ハックルに交代。脚本は『ソウ4』『フィースト』などのトンデモホラーを手がけたパトリック・メルトンマーカス・ダンスタンのコンビ。
前作で明らかになったジグソウの後継者ホフマン。今回は切れ者の捜査官ストラムVSホフマン刑事という構図そのままが展開される。前作ではっきりとした生死が不明だったリグ隊長やストラムの相棒ペレーズもあっさり死んでしまったことが早々に判明。早くも馴染みある人間はストラム、ホフマン、フィクス、ジルぐらいとなってしまった。そんな中、ストラムの上司であるエリクソン捜査官や5人の新たな被験者の登場もあるが、シリーズ当初にあったドキドキ感はもうない。特に5人の被験者達。『2』の時は8人で今回より3人多かったが、それでもそれぞれの個性は発揮されていた。しかし、今回の5人はあまり印象に残らない。まぁ彼らはホフマンの自立第一歩の被験者であり、さしたる重要性はない(はず)からと言われればそれまでなのだが。

残念ながらシリーズ中で一番話に捻りがなかった。ジグソウには他に後継者・協力者がいるのか?ホフマンですらゲームの被験者なのか?という期待が少なからずあったので少しガッカリした。あくまでホフマン=ジグソウのスタート地点が描かれ、自分を疑う唯一の存在ストラムの処分がメイン。その意味では『ソウ』新シリーズの始まりなのである。
ジョンは『今はまだ全体像が掴めないかもしれないが、全て重要なピース』と言っていた。ジルの託した箱の中身も明らかになっていない。まだまだ大きな驚きが隠されているのだろうか。ともすれば今回のパワーダウンは『6』への布石ということで多少許せるかもしれない。大好きなシリーズなので製作されれば自分はいくらでも観るつもりだ。しかし、そろそろ飽きてきたファンも大勢いるだろう。そんな中弛みが一番目立ってしまった五作目だった。


T0006751a.jpg331732_002.jpg331732_003.jpg331732_004.jpg


公式サイトはこちら




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

『デス・レース』レビュー

T0006755.jpg
【STORY】
孤島の刑務所で繰り広げられる過激な死のレース「デス・レース」を放映し、人気番組となっている近未来のアメリカ。殺人の濡れ衣を着せられたジャンセンは刑務所の所長ヘネシーからレース出場を迫られ、美人ナビゲーターのケースを乗せ地獄のレースに参加する。

【レビュー】
『バイオハザード』『エイリアンVSプレデター』と目のつけどころは素晴らしいながらもその後は丸投げするポール・W・S・アンダーソンが監督・製作・原案・脚本を兼ねる最新作。その名の通り1975年に公開された『デス・レース2000年』のリメイク作品である。当初はトム・クルーズが『デス・レース3000』として製作するとの噂もあったが、2000年を8年過ぎてようやく日の目を見た。監督自身の思い入れも強いのかカーレースのシーン等、非常にスタイリッシュな映像が盛り込まれている。

最近のジェイソン・ステイサム主演の映画に多い特徴だが、彼以外あまり名の知れた俳優はいない。しかし、登場するキャラクター達は冷酷な女所長を筆頭に、一癖も二癖もある人物ばかりで魅力的。レースで殺し合って、しかもその映像をネットで配信して金が動く、という退廃的な世界観にぴったりマッチしている。大陸横断だったオリジナル版と違い、レースのコースは刑務所内(周りは海で囲まれた孤島)となっているので閉鎖的ではあるが、それゆえ無駄な犠牲者は出ない。マークを踏んだら武器が使えるようになるという仕組みもとてもゲームチック。簡単に言えば残酷版マリオカートか。

何でも自分の思うがままと思っていた所長にやり返すシーンもあるので溜飲は下がるが、個人的には所長達のいる部屋にそのまま車で突っ込む!とかを期待していたので少し拍子抜け。どうせなら最後までスタイリッシュに、多少無理矢理っぽくでも突き抜けてほしかった。とはいえそれでも『スピード・レーサー』より遥かに興奮を味わえることは確か。
余談だが、『デス・レース2000年』には悪役としてシルベスタ・スタローンが出ていた。その彼が最近『あのハゲ(ステイサム)はいっぺんシメなきゃな。』と言っていた。いつかこの2人の対決も観てみたい気もする。


331508_004.jpg331508_029.jpg


公式サイトはこちら

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

『アイアンマン』レビュー

イメージ 11
【STORY】
億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スタークは視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。やがて自分の会社の兵器がテロリストに悪用されている衝撃の事実を知ったトニーは、自ら戦闘用のスーツを作り、“アイアンマン”となってテロリストに闘いを挑む。

【レビュー】
『スパイダーマン』『ハルク』等と同じマーベル・コミックの実写映画作品。アイアンマンはマーベルのキャラクターの中でも〝地味〟な位置づけにあるヒーローだが、今作を観ればそんなイメージは吹き飛ぶ。
主演は俳優として見事に返り咲いたロバート・ダウニーJr。自社の兵器が売れるおかげでお金も女もわんさかで好き勝手にやっていた生活から一転、それらを利用するテロリスト達を倒すという目的の下、ロボット作りに少年のごとく目を輝かせているその姿には男子たるもの共感せずにはいられない。
そんな主人公を支える美人秘書ペッパー役にはグウィネス・パルトロウ。有能な秘書にありがちなツンケンとした態度はなく、優しげな目の形のおかげもあってか包容力のある女性に映っていた。少なくともマーベルヒーロー映画のヒロインの中ではかなり美人。
トニーに振り回されつつ理解を示す友人役にはテレンス・スタンプ。強敵との戦いに赴くアイアンマンを目を輝かせ見送った後に後ろにある別のアーマーを観て『俺は次の機会だな』と言っていた。これは〝ウォーマシン〟への伏線か?思わずニヤリ。
身近な人物が敵に回るというマーベルコミックのセオリー通りに、終盤ではよりガトリングガン等を装備しより大きくて強力なアイアンモンガーが登場しアイアンマンと激しい戦いを繰り広げたシーンはかなり盛り上がれた。

アイアンマンが徐々に進化していく過程も楽しい。最初は環境が環境だっただけに廃材を寄せ集めた鉄クズロボ(それでも凄いが)なマークⅠだったが、マークⅡ、そして完成形のマークⅢとバージョンアップしていく。もちろんマークⅢの活躍がメインなので仕方ないが、個人的にはマークⅡの出番がもう少し多くても良かったかなと思う。カラーリングはないが、まさに「メカ」な感じだったし。
超高速で空を飛び回る彼には『ファンタスティック・フォー』のジョニーさえ追いつけないのではなかろうか。パワードスーツを着ればハルクにも負けないパワーもある。スパイダーマンの能力さえ取り込む(原作)。まさに完全無欠!パワーダウン気味だった最近のマーベル映画の中では突出して面白かった。

『インクレディブル・ハルク』同様、今回も本編の後に続きがある。そこでは本編終盤に設立したS.H.I.E.L.D.の長官(某有名俳優)がトニーの前に現れ、『アベンジャーズ』への伏線を見事に描いている。もし本当に実現すればこれほど豪華なヒーロー・俳優達の共演は夢のようで非常に楽しみである。もちろんアイアンマン単独での次なる活躍も。

イメージ4イメージ 9
僕天才で社長          秘書も美人だし☆

9.jpg10.jpg
地味だけど火炎放射が魅力な1号機

イメージ 6
出番が少なかった2号機

イメージ 8
悪は許さん!

イメージ 9
アイアンモンガー発進!

イメージ 5
次は俺の番かな♪

イメージ 13
ロボVSロボ!!

イメージ 12
アイアンマンの戦いは続く・・・


テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画

ダーク【プレミア試写会】ナイト

080728_164738.jpg080728_164929.jpg

昨日はこの夏、、いや今年最高の映画【ダークナイト】のプレミア試写会があった。自分は当初参加予定ではなく、『家でDCダイレクトのバットマンとジョーカーと見守ってるからいいもーん』と思っていましたが、よくよく考えてみた。

その日にどうしても退っ引きならない用事があるならともかくあれだけ大騒ぎしていた俺がプレミアに行かなくていいのか? ・・と自問したところ脳の中で5人くらいの常任理事国こと俺が『否っ!!』と全会一致したので急遽サクッと試写状をゲットして参加する事に。

同行者にはダークナイト同盟であるmixiの関係の友人。
場所はその昔岩男潤子がクリスマスコンサートを行った東京国際フォーラムホールA。

国際フォーラムか・・・
久しぶりだな・・・・

つ一週間前『インクレディブル・ハルク』

座席引き替えは15時からにも関わらず、先着100名にレッドカーペット鑑賞券が配られるという事もあり自分が到着した午後12時半頃には既にたくさんの人がいた。

あらかじめ用意した簡易椅子に座ったり、地べたに座りこんだりして暑さに参ってる人達がいる中ひたすら立ちつくす俺。
片手にはボールペン。片手には社会科学の参考書。
スタイリッシュ。

そうこうするウチに友人と合流。
マニアックな映画の話ができる人と共にいたおかげで残りの時間はあっという間だった。


が、引き換え直前になりここでアナウンスが。
『レッドカーペットをご覧になる方は劇場での席が後方、通路側になります。ご了承ください。』

ざわ ざわ ざわ
一同どよめく。
まぁしかし当然と言えば当然か。
ステーキかポークソテーどっちかにしろと(違


自分たちの時には既にレッドカーペット鑑賞券はなくなっていたが、仮に二者択一を迫られたとしても後ろに追いやられるよりは前の方の席を選んでいただろう。さて、その決意の甲斐あってか席は10列目の真ん中(ハルクの時は3列目の割と端の席)だった。
大大大迫力。しかし、身体を後ろにゆったり預ければちょうど良い快適な席だった。

係員は事前に告知しなかったがレッドカーペットに参加しない人々もスクリーンでその模様は観れる。なんだ至れり尽くせりじゃん。

開演を前に徐々に集まってくる日本のせれぶ。
プロ野球の桑田や怪談新耳袋こと内山理名、デーブ・スぺクター夫妻に小堺一機、もしかしたら自分の事を有名と思っていたかもしれないよく知らないモデル風の女性などなど。
余談だがクレイジー88のゴードン・リューみたいなサンジャポの記者に相対するデーブ・スぺクターを見ていて、『この人怪人役が似合いそうだなぁ』と思った。少なくともジョーカーのコスプレはいけるw

その後予定より少し遅れて登場した【ダークナイト】の面々。
うは、、クリスチャン・べイル格好良すぎる。
アーロン・エッカート、サービス精神旺盛。
MJ(キルスティン・ダンスト)より多少はマシ程度にしか思ってなかったマギー・ギレンホールは劇中より美人だった(こら
もちろん鬼才監督のクリストファー・ノーランも。

撮影で使われたバッドポッドが置いてあるステージ上でそれぞれが挨拶。プロデューサーが日本語で挨拶したのを皮切りにアーロン・エッカーとも『下手だけど一生懸命やるから笑わないで』と言い挨拶。マギーは笑顔で『日本語は出来ないです。紙も隠しもてる場所がないです(てへへ)』と。驚いたのはクリスチャン。そういうことはやらないと思ったがサッと紙を出して日本語で挨拶。アーロンと同じか一番上手だった。
ジョークが簡単に通用しないノーラン監督はもちろん英語w

一々中継もやったということはこれで彼らはこれで帰るのか~~、、と思ったらそのまま劇場に!近い近いっめっちゃ近いっ!絶対こっちの方が良かったじゃまにかと興奮気味だった。

肝心の本編。
オープニングの6分は告知通り予想が読めず、展開が飲み込めた時、そこには最強の敵“ジョーカー”が出現していた。一方バットマンは予想通り冒頭で前作の生き残りの小悪党(個人的には好きなんだが)をチャッチャッと片づけ今作での立場を表していた。
「英雄として死ぬか、生き残って悪に染まるか」<という言葉通り、より過激な犯罪都市と化したゴッサムシティで繰り広げられる熾烈な攻防に目が釘付けで150分が一瞬だった。

上映終了後、会場は喝采の拍手で包まれた。
「ヒース・レジャー」と名前が出た際には一際大きく。
しかし、これは彼がこの世を去ったゆえのお情けの拍手ではない。
彼の演技に対する当然の賛美。


この作品を前にしては2流3流のアクション映画は裸足で逃げ出すだろう。ましてやちょっとヒットしたらやれシリーズ化だと息巻く日本の映画なんぞ相手にならない。早々に道を開けろ、本物のエンターテイメント作品がお通りだ。

まさにそれこそがこの【ダークナイト】なのである。


080728_darkknight_main.jpg
(写真は左から監督のクリストファー・ノーラン、主演のクリスチャン・べイル、マギー・ギレンホール、アーロン・エッカート、プロデューサーのチャールズ・ブロン、エマ・トーマス

テーマ : ダークナイト-バットマン- - ジャンル : 映画

お願い僕を【プレミア試写会】怒らせないで

みーどりーの中をはしりぬけてーくみどりのハルク!

そんなわけで今日はアメコミ映画『インクレディブル・ハルク』のプレミア試写会に行ってきました。マーベルコミックの人気キャラクターの実写映画です。

2003年にも公開しましたが、あまりにもひどかったので早々にリメイクしたのが今作。
「人生は何度でもやり直せるんだ!」というマーベルのモットーに基づいております

さて、プレミア試写会というからにはぁ~~

  _   ∩
( ゜∀゜)彡 生ノートン!!生タイラー!!
 ⊂彡

『本日のゲストは日本語吹き替えでハルクの吹き替えをなさった・・水嶋ヒロさんでーす!!』

・・・え(゜Д゜)?!

『ワンピース』のパクリと言われてた漫画を書いてた人・・じゃなくて水嶋ヒロ??いや、ドラマを観ないさすがのオイラも一応知ってはいるけど・・・

ウイルスバス・・ノートンは?(´・ω・`)

何ヶ月か前にはキャストが来日するみたいな事聞いたような気がしたんだけどなぁ~~ ちょっとガッカリ。
水嶋ヒロはとってもいい人そうだけどもう早く本編上映してくれ。

『そして、今日はある物をご用意いたしましたー!!』

ざわ 
  ざわ
    ざわ

スクリーンが一度上にのぼり奥から姿を現したものそれは・・・!

でっっかいハルク・・の上半身が乗った御輿!・・か?

『本日は青森からハルクねぶたが来てくれましたー!』
どでかいサウンドと共に踊り狂う青森大学の人々。
そしてハルク御輿。

うああああああ
すごい迫力だが早く本編上映してくれえええ

ちなみに代々日本の歴史上の英雄を取り扱ってきたねぶた御輿ですが、今回アメコミヒーローを取り扱うのは初とのこと(だろうな
そして実はこのハルク御輿は未完成。
これから完成されて8月2日からのねぶた祭りにも登場します!とのこと。・・・頑張れハルク(∩д∩)

本編上映前には『アイアンマン』と『ハンコック』の予告も。
どちらもヒーロー映画ですが『アイアンマン』はハルクと同じマーベルのキャラクター。そしてこの予告を流すのには意味があるのです。

本編の長さは2時間以内。
主演のエドワード・ノートンは『人物面をもっと掘り下げて2時間半にしよう!』と進言したらしいですがルイ・レティリエ監督は『トランスポーター3も撮らなきゃいけないから勘弁してください』と(一部嘘

前作で1時間かかった『ハルクの誕生』が今回は2分で説明。その代わりハルクになってからのストーリーがじっくり観れたし2時間以内でちょうど良かったと思う。

そして本編の最後に9月公開の某映画の某CEOが登場。
作品を超えたリンク!
2011年に公開予定のマーベルコミックのキャラクター大集合の映画への伏線か!!
バットマンやスーパーマンやワンダーウーマン、DCコミックのヒーローが集まった“ジャスティス・リーグ”の映画化は頓挫したというのに・・マーベルコミックの大進撃が始まる予感(((( ;゚д゚)))

負けるな『ダークナイト』!!
何だか話の方向が変わりそうになってしまいましたが基本的にアメコミ映画は会社に関係なく大好きです (ノ´∀`*)


ハルク・・スマーッシュ!!(ホントに言ってた


テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。