スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ】レビュー

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ

【STORY】
 小説家のジェニファーは、新作執筆のため森の奥の別荘にやって来た。美しいジェニファーをなめるように覗く、地元の男たちの熱っぽい視線。やがてその欲望は暴走し、男たちは野獣と化した。ジョニーをリーダーとした4人のグループが別荘に侵入、ジェニファーに襲いかかったのだ。ジェニファーは男たちの隙をついて逃走、保安官に助けを求める。だが保安官のストークと、ジョニーたちはグルだった。別荘に連れ戻されたジェニファーを待っていた、凄惨な暴力の嵐。繰り返しレイプされ、肉体も精神も踏みにじられてゆくジェニファー。男たちに射殺される寸前、ジェニファーは川に身を投じた。死体は発見されず、彼女の消息は絶える。
 時が過ぎ、ジェニファーの復讐がはじまった。簡単には殺さない。自分と同じ、いや、それ以上の恐怖を味わってもらう。そして1人、また1人……。


【レビュー】
 今作は1978年に製作された「I Spit on Your Grave(お前の墓に唾を吐く)」というスリラー映画のリメイク作品。オリジナル版は当初その内容の過激さゆえ扱いに困り、公開時の邦題は「発情アニマル」、しかもポルノ映画として公開され、その後テレビで放された時は「女の日(Day of the Woman)」、ビデオ化された時のタイトルは「悪魔のえじき」として扱われ特殊な変遷を辿っている。何となく、どれかのタイトル(特に悪魔のえじき)なんかは聞き覚えがある人もいるとは思うが、どれも同一の作品を指すということは意外に知られていない。
 そんな背景を持つオリジナル作品を〝過激に〟リメイクした今作だが、正直生ぬるさは否めない。1970年代から現在まで様々なホラー映画が作成され、絶えず新ジャンルが生み出されており、それに付帯するゴア描写も様々なものがある。よって我々の目が肥えていることも一因ではあると思うが、それにしてもこのリメイク版の冗長な展開はどうも退屈さを感じてしまう。
 
 魅力的なヒロインが別荘にて小説を書くために英気を養い、運悪く田舎のワル共に身も心も蹂躙されるのが前半なのだが、これが非常に長く、レイプされたのは40分を過ぎてから。別にレイプシーンを観たいわけではないが、暴行を受けてからの復讐劇が今作のキモで、その復讐過程に期待をしている側としては、前半のくだりはチャチャッと済ませてほしいもの。反対に復讐に移る後半の展開がチャチャッとしていて、こっちがアッサリめな感じで終わってしまいちょっと残念。
 ワル共の中には妻と娘がいる保安官もおり、というかこの保安官がボスとして君臨しており、レイプの最中に家族からの電話に出るところなどは、まさに唾棄すべき最悪の人物として映る。他の男達も基本は救いがない奴らばかりで、1人だけ知恵遅れのようないじめられっ子的男性が、主人公を襲う時に良心の呵責を感じていたが、結果的にはレイプして快楽を味わっていたので、主人公としては同じ穴の狢。彼にだけ変な同情心を見せなかった点は徹底していて良かった。

 前半と後半の落差は激しく、ちょうど中間的な位置が抜けており、レイプでボロボロ、銃殺前に川に飛び込んで消えたと思った主人公が次には復讐の鬼と化し、ほぼ何の反撃もなく復讐を完遂させる。このあたりにちょっと違和感を感じ、男達に課す拷問なども、普通だった女性がいきなりこんな事できるようになるのか、、と不自然さはあった。まぁ小説家ではあるので想像力豊か?&自分へされた仕打ちが絶対に許せない、という上での理念であるならば、これくらいの怒りと行動力は最もなのかなと無理矢理納得できる。だがそれでも個人的には『狼の死刑宣告』なんかの方が、一般人~復讐の鬼へ、という点でよく出来た作品だと思う。もう一押し欲しかった作品。



スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

【リミット】レビュー

315x210.jpg
【STORY】
 イラクに滞在中の米国人ドライバー、ポールは目覚めると土中の棺桶の中にいた。携帯電話で外界に助けを求めるも、埋められた場所がどこなのかもわからない。焦りの色を深める彼に、犯人らしき男からの脅迫や電話のバッテリー切れなどの危機が襲いかかり・・・・

【レビュー】
 『ソウ』以来最近そろそろマンネリと化してきた〝ソリッドシチュエーションスリラー〟系の作品。しかし理不尽さと不可解さはこちらの方が上か。加えて閉じ込められているのは棺おけの中という状況では立つことすらままならず息苦しさは抜群。犯人?との交渉のやり取りはあるが、お相手も主人公個人に恨みがあるわけではなく〝アメリカ合衆国〟を敵に取っている態度なので「どうしようもない」という点ではかなり困ったもの。『ソウ』の〝ジグソウ〟のように何かを犠牲にはするが、命は助かるという設定の方がまだ優しく感じる。
 終始この状況なので、場面的な盛り上がりは特にない。中盤で同僚の女性(妊娠中&捕らわれ済)が犯人一味?に惨殺されるのを携帯動画越しに見る、などはあるがそれ以外は特に何もない。状況が状況なので当たり前だが、主人公のポールに直接の危害を加えるものも、ズボンの中に忍び込んでいた蛇(早く気付けよ)と、爆撃の影響で棺の中に入ってくる砂くらい。
 この手の作品の主人公にしては割と冷静で、残り少ない電池の携帯でしかるべき所に救助要請をする。その中で、この手の事件に慣れており、実際に何人かの男性を救ったという捜査官とのやり取りがある。自分が助けた男性=大学生の具体的な話をしてポールを安心させてくれる。最後に彼がポールの場所を特定し、彼の棺を掘り起こし、彼を救助する、、、、というのはポールの希望であり、彼の一言の言葉と吐いた嘘にポールも観客も大きな絶望、、を通り越してポカンとしてしまうだろう。彼は決して悪人ではなく優しい人だとは思ったが、逆に残酷になってしまったという悲劇。イラク戦争の爪痕と、主人公のようなアメリカの低所得者達の被る理不尽さは比例するように思える。
 とにもかくにも救いのない作品だが、そんな主人公を演じたのはなんとまぁライアン・レイノルズ。個人的にはこの事の方が衝撃だ。マーベルコミックの『X-MEN ZERO ウルヴァリン』のデッド・プール(大人気キャラなのでスピンオフ作品予定)や今夏公開のDCコミックの『グリーン・ランタン』でも主人公を演じる彼が、なぜいまさらこんな寂しい役を。『アイアンマン2』、『アベンジャーズ』に出演し、ライアンとセットで〝アメコミ夫婦〟と言われたスカーレット・ヨハンソンと破局したことで自暴自棄になってしまったのだろうか。前述のアメコミ作品への出演で彼の今後の役者人生は保証されたようなものなので、今後も力強く頑張ってほしいと思う今日この頃。

 作品総評としてはあまりに単調なので、つまらなくはないが面白いとも思えない。ここまで狭くなくていいから、暗くて息詰まって、誰かかが襲ってこなきゃヤダ!という人は『ディセント』シリーズや『地獄の変異』の方が楽しめると思う。というか個人的にはそちらの方を評価している。

★★☆☆☆


テーマ : DVD - ジャンル : 映画

【ジョナ・ヘックス】リリース

アンチヒーロー映画【ジョナ・ヘックス】が劇場未公開のまま12月22日にリリース。
大きい画面で観たかったが、もともと公開しないと思っていたいたので仕方ない。年内に観れただけ良しとしよう。
n_616dlry25256rpl.jpg

テーマ : DVD - ジャンル : 映画

【タイタンの戦い BD&DVDセット】購入

DSC_0244.jpgDSC_0245.jpg

明日発売の【タイタンの戦い】をヨドバシで購入。
予告編観たときから衝撃を受け、何回も劇場に足を運ぶだろうと思っていたら1回しか行かなかった。
なので、久々の観賞。
3回観にいった【第9地区】と違い曖昧なシーンもあるので、再度じっくり観賞しよっと。

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

【FRINGE/フリンジ Vol.1】レビュー

【STORY】
 ボストン、ローガン空港に着陸した国際線旅客機627便の乗客、乗員すべてが機内でおぞましい死体となって発見された。FBI捜査官のオリビア・ダナムが捜査に加わるが、相棒のスコットが重傷を負い、瀕死の状態になってしまう。彼を救うため〝アインシュタインの後継者〟と呼ばれるウォルター・ビショップ博士とその息子ピーターを探し出し、強力を頼むのだが・・。
 一方、捜査線上に浮かんだのは、巨大企業マッシブ・ダイナミック社とその重役ニーナ・シャープだった。やがてオリビアは、今回の事件で起きたことが、さらなる巨大な脅威の一端に過ぎないと知るのだった。

【レビュー】
 TVドラマ『LOST』や映画『クローバー・フィールド』『スター・トレック』などで知られるハリウッド随一の仕掛け人J.J.エイブラムスが仕掛けた科学サスペンスドラマ。早くもエイブラムスの中での最高傑作という評価も出ているが、これが素直にその通りかと思える面白さ。
 今作はVol1ということで、他の海外ドラマ同様お試し的な意味合いを含めており、第1話のみの収録。この手のドラマは1話目でどれだけ視聴者を引き込めるかが鍵だが、概ね成功していると思う。主要メンバーは3人。FBIの女性捜査官オリビア、彼女が強力を仰ぐようになるビショップ博士とその息子。とりわけビショップ博士には〝アインシュタインの後継者〟という肩書きがあり、結構ワクワクする。ただし彼は、若干精神的に弱い面もあり周りからは変人と思われる状況も節々に。そういった面で人畜無害なハンニバル・レクターといった感じか。頭脳担当が彼ならば、それを補う行動力を発揮するのが彼の息子であるピーター。最初は非協力的で父親とも疎遠だった彼だが、次第にオリビアに協力的になってくれる。
 以上3人が主要メンバーで比較的登場人物の魅力はうまく均等化されている。
第1話目からどんでん返しのような展開もあり、大きな陰謀が早くも見え隠れしている。今後どういった流れになるか、気になる作り方がされているので人気は高くなると思う。


★★★★☆


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
訪問者数
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

DANTE

案内人 DANTE

はじめまして。映画を愛してやまない男です。
よくぞ来てくださいました。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々につきましては大変な惨状に置かれていると思います。天災の前ではつくづく人間の無力さ再認識させられますが、募金等で微力ながらご助力させていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お天気
管理人が選ぶ傑作
♪オススメ♪

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。